こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

暑いときに「暑い」と言う心理

暑い日に「暑い・・・」と声に出してしまうのはなぜでしょうか?

声に出してもその暑さが変わるわけではありません。
しかも、他人が居るときならともかく、いないときでも発することがあります。

「寒い」とか「痛い」でも同じです。

なぜ言葉にしてしまうのでしょうか?

投稿日時 - 2018-12-09 11:53:35

QNo.9566118

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

頭の中に不愉快感の情報が広がる一方で,外の変化に対して処理できなくなるから.
暑さのすべてについてモニターし続けるのをやめ,
蒸し暑さ,ほてり,頭痛,吐き気などの感覚,よそ行きの服に汗がついたら,染みになるので早く洗濯しなきゃならない,めんどくさい,暑すぎてボ~っとして何も考えられない,なにもまともにする気が起きないなどという考え,ボーっとぼんやりする,イライラなどの感情を 1 つの単語「暑い,,,」に集約する.
それにより脳内メモリにがスッキリして,使える脳内メモリが増える.
そして暑さによる不快感に対してなにもできない状況から,
(暑さに対処しよう.)
と考えつき,行動することができるようにもなる.
空冷より水冷のほうが早く冷えるという知識があれば,
(水に浸かれば早く冷やせる)
などと思うかもしれない.
なにも考えつかなくても,せめて頭の中だけでも風通しがよくなって,涼しくなるかもしれませんね^ ^

投稿日時 - 2018-12-15 07:36:19

ANo.7

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181214/k10011747921000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

~~~~~~~~~

https://www.asahi.com/articles/ASLDG5RZQLDGUTIL03Q.html?iref=comtop_photo

~~~~~~~~~~

ゴミの埋め立てをk三冊してるそうで
それから偉大性がサイレエーム実況者のモノマネで白いパンツで口を大手ントでもだそうで
ごまかすなとかれんたらウとうか
サイレントでも灘からナニも言わないのでしょう。

東広樹さんの呼んだk都内のですが
存在論、優美rんろん的なというのは
文章の郵便的なものがルン度絵消化ね。

投稿日時 - 2018-12-14 23:42:10

ANo.6

心理っあるのでしょうか。「痛い!」とか「えっ!」とか「はあ~」とか思わず出るだけじゃないでしょうか。
猫ふんじゃったら猫だって「フギャーーーー!」と。

投稿日時 - 2018-12-09 17:48:04

ANo.5

暑いと感じていて、それはストレスなわけです。感じていることを言葉で発散しないとよけいにストレスがたまります。わざわざ言葉にするのはうちにこもったストレスを発散する意味があります。

なぜ言葉にして発散するのか?その起源をたどれば赤ちゃんが、不快に感じている時に泣くのと同じだと思います。赤ちゃんは泣くことで、周囲の大人を動かして、快適な状態を維持しようとします。

大人も、たいがいは役に立たないとわかっていても、暑い時は暑いと言ってしまうのでしょう。でも、もしかしたら親切な誰かが、冷たいアイスを差し出してくれるかもしれません。

投稿日時 - 2018-12-09 13:26:49

ANo.4

 本能だからでしょうね。

 動物でも、敵を見つけたり、敵から襲われると悲鳴に似た叫び声を上げますが、それが群れ全体に伝わって、一斉に逃げ出したりします。人間が暑い、寒い、痛いというのも、周囲に情報を伝える為に本能的に叫んでいるのではないですかね。

 誰かと話をする時に、自分が知っている知識を相手に教える事がありますよね。知識を総動員した本を出版してまで知識の啓蒙をおこなう作家もいます。自分が知っている事を多くの人に知らせたいという本能から来る行動でしょうね。動物では、そういう行動はしません。危険を知らせる叫び声を上げるだけです。

 情報を全体で共有しようという発想は、インターネットで顕著ですが、人間が持つ本能が原因でもあります。誰もが情報を得たいし、情報を発信したいのは本能だからです。意味も無く、声に出して言うのも本能だからでしょう。

投稿日時 - 2018-12-09 13:25:52

ANo.3

まあ、内に溜めるよりも言葉に出した方が気持ち的に楽になることはあるので、その心理かもしれませんが…その事実を自分で認めることにより、その後どう対処したらいいかを考えるきっかけになっているのかもしれません。あるいは自分に言い聞かせているのかも。隣に誰かがいれば同意を求める意味で伝え、同意してもらえれば自分の辛い気持ちも半減されるでしょう。意に反して「そんなこと無いよ」なんて言われた日には…へこみます。「暑い」「寒い」「痛い」と口に出して言っても、すぐに状況が変わるとも思えませんが、何かしらちょっとでも気持ちが軽くなる要素があるような気がします。特に痛みに関しては重篤な問題も存在する可能性が在るので、誰かにSOSを発信する意味があるのでは。

犬や猫などの動物たちは「わんわん(ばうわう)」「にゃー(みゃう)」と鳴きますが、これは人間が勝手に「鳴き声」と解釈しているだけであって、彼らにとっては重要なコミュニケーションの言語でしょう。うれしいときや悲しいとき、寂しいときなど、文字にあらわせば同じかもしれませんが、トーンなどは違ってきます。簡単な人間の言葉なら理解すると言われていますから。

投稿日時 - 2018-12-09 13:25:47

ANo.2

言葉の世界に持ち込むと楽になるのでは。苦しい時に短歌を読むのとも同じです。また歌を歌うのも同じだと思います。ひょっとして言葉の起源はうめき声だったのかも。

投稿日時 - 2018-12-09 12:58:00

ANo.1

こんにちわ。
人間が言語を持った生き物だからじゃないですか。痛い、冷たいといった知覚も言語化されてるから刺激が言語とリンクして発してしまうのではないですか?当たり前ですが言語化出来ない犬とかはキャンと悲鳴あげるしか出来ないですね(笑)。

投稿日時 - 2018-12-09 12:41:07

あなたにオススメの質問