こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パイオニア株の株主からの買取

パイオニアが香港の投資ファンドの子会社になるという記事を読みました。
株主からパイオニア株を買い取り、その金額は現在の株価を下回ると書いてありました。
どのようなルールでこのようなことが出来るのでしょうか?

疑問に思うのは、株を持っている人からなぜ一方的に金額を指定して強制的に買い取ることが出来るのかということと、それが可能ならなぜ1円で買い取らず中途半端な金額で買い取るのかということです。

以下、記事の抜粋です。
----------------------------
パイオニア<6773.T>は7日、香港の投資ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアを引き受け先とする770億円の第三者割当増資を決議したと発表した。合わせて、ベアリングは株主からパイオニア株を約250億円で買い取り、完全子会社化する。

第三者割当増資による払い込み金額は1株50円となり、7日終値の88円を大幅に下回っている。株主からの買い取りも1株66.1円と株価を下回る水準となっている。

投稿日時 - 2018-12-08 12:26:59

QNo.9565778

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

パイオニアの発表には「本件取引の実行は、2019 年 1 月 25 日に予定されるパイオニアの臨時株主総会において、株主の皆様の承認を得ることおよび国内外の競争法を含めた許認可等の取得が条件となります」とあります。
まだ最終的な決定はされておらず、臨時株主総会で可決されなければ実行されないことになっています。実行されるとしたら株主自らが決定したということですから、何も問題はありません。

投稿日時 - 2018-12-08 16:52:26

お礼

あっ、そういう一文があったのですね。
多少安くても買い取ってもらうしかなく、株主総会では可決されるという流れになるんでしょうかね。
納得できました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-12-08 17:00:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

強制的に買い取るのではありません。
第三者割当増資による完全子会社化で上場廃止になります。
上場廃止になれば市場で売買できなくなります。
66.1円はベアリングが提示した買取価格で、売る売らないは自由です。
ただ、これ以上の価格で買う人はもういません。

投稿日時 - 2018-12-08 14:10:23

お礼

なるほど、流れは分かりましたが、既存の株主が損をする決定をした現パイオニアの経営陣は責められないのでしょうかね。

投稿日時 - 2018-12-08 15:41:45

ANo.2

会社法に「特別支配株主の株式等売渡請求」という制度が用意されているから。

投稿日時 - 2018-12-08 14:08:28

お礼

そのような制度があるのですね。
調べてみましたが、確かに大株主が買い取ることが出来るようですね。

投稿日時 - 2018-12-08 15:43:43

ANo.1

>株を持っている人からなぜ一方的に金額を指定して強制的に買い取ることが出来るのか
パイオニア株式4億5千万株を1株にする併合することで、香港の投資ファンド以外の株数が1株未満になるようにします。
そして1株未満の端数株式を、端数に応じて買い取りを実施します。

>なぜ1円で買い取らず中途半端な金額で買い取るのか
流石に1円にすると、既存株主から訴訟問題になり裁判に負けます。

投稿日時 - 2018-12-08 14:07:25

お礼

ありがとうございます。
買取り出来ることは分かりましたが、やはり1円にしない理由が腑に落ちません。
1円でなくても、現在の株価より低い価格になるのは、現パイオニアの経営陣が株主に損をさせる選択をしたということで同じく責められるんじゃないかと思うのです。
株主から恨まれるけど、訴訟までしようと思う人が出ないギリギリの金額に設定してるということですかね。

投稿日時 - 2018-12-08 15:47:53

あなたにオススメの質問