こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

EaseUS Todo Backu Free

主に、OSの設定などやインストールしたソフト、及び、それらのソフトの設定も含み、また、ファイルやフォルダの「全てのバックアップ」と復元について質問があります。

前回の質問のタイトル「EaseUS Todo Backuの使い方について」では、フルバックアップは「システムバックアップ」だということが分かりました。
フルバックアップとは、Windows 10の標準機能でいうシステムイメージの作成のことです。
Windows 10の、標準機能のシステムイメージの作成(フルバックアップ)は下記URLのことです。

http://pcfan.121ware.com/useful/1010/


また、ここで質問することは全て「EASEUS todo Backup」のフリー版についてです。
「EASEUS todo Backup」の有料版(Home)ではありません。


■質問1:
「システムバックアップ」がフルバックアップならば復元するにはブータブルディスクの起動が必要だと聞いており、ブータブルディスクの作成はフリー版では作成できないのでしょうか?
バージョン11.0のときは作成できましたが、11.5ではどこかのサイトでフリー版では作成できないと記載がありました。

■質問2:
「ディスク/パーティションバックアップ」でバックアップする場合、OSのドライブ(通常、Cドライブだと思いますが)内の全てをバックアップ可能なんでしょうか?
質問の上記に記載した、OSの設定などやインストールしたソフト、及び、それらのソフトの設定も含み、また、ファイルやフォルダの「全てのバックアップ」という意味です。

■質問3:
「質問2」で可能な場合、復元する際、ブータブルディスクの作成、及び、起動は必要ないのでしょうか?

■質問4:
「システムバックアップ」と「ディスク/パーティションバックアップ」の違いは、「システムバックアップ」の場合はOSのドライブやパーティションを含む全てのOSのディスクのフルバックアップで、「ディスク/パーティションバックアップ」の場合は、例えばOSのドライブの全てのバックアップ、という意味でしょうか?
間違っている箇所があれば教えてください。

---
大変申し訳ありませんが、全ての質問に対して回答してくださる方、回答により疑問があり再度回答をくださる方のみ回答をください。


回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-11-11 13:02:42

QNo.9556760

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.4 です。お礼に関して
》この回答は、回答者様のPCでも同様に起こっているということでしょうか?
・私のPCでは起きていません。

》そうだとすると、復元するにはブータブルディスクから起動するしか方法はないということなんでしょうか?
・現画面が見られませんが、「ブータブルディスクの作成」を促してくる画面はスキップして次に進めませんか。スキップ出来ればそのまま進めたらいかが。

》Windowsのバージョンやその他の原因、または、自分のPCだけではない、ということなんでしょうか・・・。
・そこまでは私は現場を見ていないので分かりません。少なくとも私のPCでは起きていませんし、一般論として「起動出来ているのに今さら何でブータブルディスクの作成を勧めてくるのか理解しかねます」

》そうだとすると、復元するにはブータブルディスクから起動するしか方法はないということなんでしょうか?
・上と同じく一般論として理解しかねます。分かりません。不思議です。
・これ以上のことは私には分かりません。最後のアドバイスとしてソフトを一旦削除し、PC再起動後改めてインストールしたらいかがでしょうか。

投稿日時 - 2018-11-13 19:24:18

お礼

回答ありがとうございます。


回答者様のPCでは、復元の際ブータブルディスクの作成を要求されないんですね。
これは、ソフトの仕様か、PCが異なるからか、その他の原因か不明ですね。
回答者様のPCと、自分のPCで違うのであれば回答者様には分かりませんよね。

回答者の回答を参考にして、行いたいと思います。
また、このソフトに関して新たに疑問がわきましたら質問したいと思いますのでご迷惑をお掛けしますが、そのときはよろしくお願いします。
現在、PCの不調らしいこと(?)がありましてOSが入っているディスク・他のディスクのゼロクリアをしてからになりますので大分後になると思いますが。


今まで、回答をいただきまして本当にありがとうございます。
回答者様のおかげで、知識としてはかなり付いたと思います。
あとは、実行したいと思います。


ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-11-13 20:40:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

No.3 です。補足に関して
》復元する際にEASEUS todo Backupを起動するたびにブータブルディスクの作成と、ブータブルディスクからの起動が必要なんでしょうか?

・起動出来ているのに今さら何でブータブルディスクの作成を勧めてくるのかは理解しかねます。お節介仕様か何かの間違いでしょう。

投稿日時 - 2018-11-13 13:12:53

お礼

再び、回答してくださり大変感謝しています。


>起動出来ているのに今さら何でブータブルディスクの作成を勧めてくるのかは理解しかねます。お節介仕様か何かの間違いでしょう。

この回答は、回答者様のPCでも同様に起こっているということでしょうか?
そうだとすると、復元するにはブータブルディスクから起動するしか方法はないということなんでしょうか?

Windowsのバージョンやその他の原因、または、自分のPCだけではない、ということなんでしょうか・・・。

もう一度、回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-11-13 15:48:09

No.1 です。お礼に関して
》「質問2」は可能
・然り

》「質問3」
・EASEUS todo BackupがPCで立ち上がらないケースを考えたらブータブルディスクは作成した方がよいでしょうね。
・でもブータブルディスクは使い回しが出来ますから個々のPCごとに作る必要はないです。
・また必要になったときに別のPCで作ったものでも利用可能です。それもWindowsならOSバージョンは関係ないです。ブータブルディスクのOSはWindowsPE(or Linux)という特別なものです。

》「質問4」
・然り

投稿日時 - 2018-11-12 11:13:49

補足

お礼コメントの質問3の「正しい質問」の補足(補足しなくてもお分かりかと思いますが)で、
「「ディスク/パーティションバックアップ」でバックアップを取り、OSが起動できる状態であっても復元する際、ブータブルディスクの作成を求められるのでしょうか?」
と質問しましたが、OSを起動し、「ディスク/パーティションバックアップ」のバックアップで取り、復元する際にEASEUS todo Backupを起動するたびにブータブルディスクの作成と、ブータブルディスクからの起動が必要なんでしょうか?
「ディスク/パーティションバックアップ」で取ったバックアップは同じだとしてもです。

補足の質問は以上です。

回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-11-13 06:16:13

お礼

再度回答をいただきましてありがとうございます。


はい、ブータブルディスクの作成をしておきます。
ブータブルディスクは、使い回しができるんですね。

質問3に関してなんですけど、質問が間違っていました。
申し訳ありません。
バージョン11.0のときに「システムバックアップ」でバックアップを取り、OSが起動できる状態で復元しようとするとよく分かりませんがブータブルディスクの作成を求められました。
OSが起動できる場合は、ブータブルディスクは必要ないと思うのですが。
なんかおかしいと思われるのですが。

正しい質問は次の通りです。
「ディスク/パーティションバックアップ」でバックアップを取り、OSが起動できる状態であっても復元する際、ブータブルディスクの作成を求められるのでしょうか?
どっちみブータブルディスクは作成しておいた方がいいですが。


何度も質問して申し訳ありませんが、回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-11-12 22:55:16

ANo.2

1、
どのバックアップであってもWindowsが起動できて、EASEUS todo Backupが実行出来るならばブータブルディスクは必要ありません。

ver11.5freeでも起動ディスクの作成は可能です。
今インストールして起動ディスクのISOファイルと、USBメモリのブートメディアを作成してみました。
ちなみにISOファイルのサイズは527MB、USBメモリに作成した場合は525MBの使用量でした。

2、
Cドライブをバックアップした場合、OSをはじめCドライブにインストールされたすべてのソフトのデータや設定もバックアップされます。
ウイルスなどのトラブルがある場合はそれらも含めます。

Cドライブのバックアップに関しては「システムバックアップ」「ディスク/パーティションバックアップ」で違いはありません。

3、
「システムバックアップ」「ディスク/パーティションバックアップ」どちらの場合もWindowsが起動できて、EASEUS todo Backupが実行出来るならばブータブルディスクは必要ありません。
ブータブルディスクは、Windowsが起動できなくなった時にブータブルディスクで起動して復元する場合に必要になります。
どの方法でバックアップしたかは関係ありません。

但し、どちらにしてもブータブルディスクは万が一に備えて作成しておくべきです。

4、
添付した画像は上段左が「ディスク/パーティションバックアップ」上段右が「システムバックアップ」の実行画面、左下が私のパソコンをWindows10のインストールメディアで起動して見たパーティション構成、右下が「ディスクの管理」で見たパーティション構成です。
約255GBのディスクをCドライブのみで使用しています。


「ディスク/パーティションバックアップ」はバックアップするパーティションを選択できます。
チェックをつけることで、Cドライブを含めたディスク上のすべてのパーティションを選択してバックアップできます。
エクスプローラのコンピュータや、ディスクの管理に表示されないパーティションも表示されています。

Dドライブ等もバックアップの対象に含めることが出来ます。

私の環境は自作(Windows10)ですので、メーカー製のパソコンによくある購入時の状態に戻すリカバリするためのデーターが保存された領域はありません。
もしリカバリ領域がある環境の場合、「ディスク/パーティションバックアップ」でその領域をバックアップ出来るかもしれません。
出来たとして、それをするべきかは判断できません。


「システムバックアップ」はWindowsがインストールされたCドライブと、Windowsの起動に必要な「システム(100MB)」のパーティションがバックアップされます。
「回復(499MB)」と「MSR(予約済)」は含まれないようです。


自分で作成したファイル等はどこに保存されているのかは分かりませんが、イメージバックアップではなく単純なコピー操作でバックアップするべきだと思います。

投稿日時 - 2018-11-11 23:44:35

お礼

回答ありがとうございます。


>1、
どのバックアップであってもWindowsが起動できて、EASEUS todo Backupが実行出来るならばブータブルディスクは必要ありません。

はい。


>ver11.5freeでも起動ディスクの作成は可能です。
今インストールして起動ディスクのISOファイルと、USBメモリのブートメディアを作成してみました。
ちなみにISOファイルのサイズは527MB、USBメモリに作成した場合は525MBの使用量でした。

11.5でもブータブルディスクの作成は可能なんですね。
ファイルのサイズまで記載していただきありがとうございます。


>2、
Cドライブをバックアップした場合、OSをはじめCドライブにインストールされたすべてのソフトのデータや設定もバックアップされます。
ウイルスなどのトラブルがある場合はそれらも含めます。

なるほど、分かりました。


>Cドライブのバックアップに関しては「システムバックアップ」「ディスク/パーティションバックアップ」で違いはありません。

通常OSがあるCドライブのバックアップは、「システムバックアップ」「ディスク/パーティションバックアップ」ともに違いはないんですね。


>3、
「システムバックアップ」「ディスク/パーティションバックアップ」どちらの場合もWindowsが起動できて、EASEUS todo Backupが実行出来るならばブータブルディスクは必要ありません。
ブータブルディスクは、Windowsが起動できなくなった時にブータブルディスクで起動して復元する場合に必要になります。
どの方法でバックアップしたかは関係ありません。

そうなんですね。


>但し、どちらにしてもブータブルディスクは万が一に備えて作成しておくべきです。

はい、以前にOSが起動できなくなった場合に備えてブータブルディスクの作成を行うべきだと教えていただいた方がいました。


>4、
添付した画像は上段左が「ディスク/パーティションバックアップ」上段右が「システムバックアップ」の実行画面、左下が私のパソコンをWindows10のインストールメディアで起動して見たパーティション構成、右下が「ディスクの管理」で見たパーティション構成です。
約255GBのディスクをCドライブのみで使用しています。

>「ディスク/パーティションバックアップ」はバックアップするパーティションを選択できます。
チェックをつけることで、Cドライブを含めたディスク上のすべてのパーティションを選択してバックアップできます。
エクスプローラのコンピュータや、ディスクの管理に表示されないパーティションも表示されています。

>Dドライブ等もバックアップの対象に含めることが出来ます。

やはり「ディスク/パーティションバックアップ」ではパーティション分けた場合に、CドライブとかDドライブとか選択できるんですね。


>「システムバックアップ」はWindowsがインストールされたCドライブと、Windowsの起動に必要な「システム(100MB)」のパーティションがバックアップされます。
「回復(499MB)」と「MSR(予約済)」は含まれないようです。

なるほど。
「システムバックアップ」の場合は、Cドライブの他にバックアップされるパーティションがあるんですね。


>自分で作成したファイル等はどこに保存されているのかは分かりませんが、イメージバックアップではなく単純なコピー操作でバックアップするべきだと思います。

そうですね。
ファイルは外付けHDDにコピーしておきます。


ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-11-12 22:31:01

まず「システムバックアップ」と「ディスク/パーティションバックアップ」の違いについて次をご欄ください。
https://jp.easeus.com/todo-backup-resource/difference-between-system-and-disk-partition-backup.html
・「システムバックアップ」はOSが入っているパーティション即ちC:のみ。仮にD:ドライブにアプリやデーター類を持っている場合はこれらは対象になりません
・「ディスク/パーティションバックアップ」はパーティションを自分で選択出来ます。C:+D:のように出来ます。

以下、各項目毎に
■質問1:
・ブータブルディスクが必要なのはPCが立ち上がらなくてEASEUS todo Backupが起動出来ない場合です。
・11.5のフリーでもブータブルディスクは作成出来ます(ついさっきISOファィルをダウンロード出来ました)

■質問2:■質問3:■質問4:
回答の最初のところで説明済みです。

投稿日時 - 2018-11-11 21:13:39

お礼

回答ありがとうございます。

回答者様には、前回の回答で質問したのですが新たに疑問がわき、本題とは異なるため新規に質問させていただきました。
前回の質問の途中で、ベストアンサーにしてしまって申し訳ありません。

「システムバックアップ」と「ディスク/パーティションバックアップ」の違いについてURLを読みましたが、自分には理解することが困難で、なかなか難しいことです。
回答者様の回答を読み、「システムバックアップ」と「ディスク/パーティションバックアップ」の違いが分かりました。


バージョン11.5でもブータブルディスクの作成は可能なんですね。

「質問2」「質問3」「質問4」の回答は、回答者様と重複する点がありますが、
・「質問2」は可能
・「質問3」は、「システムバックアップ」と「ディスク/パーティションバックアップ」のどちらにしてもブータブルディスクの作成と起動が必要(復元する際)
・「質問4」の、「システムバックアップ」はOSが入っているドライブのみ、「ディスク/パーティションバックアップ」はパーティションを分けたときにCドライブやDドライブなど選択可能

これらは全て合っているでしょうか?

再度、回答をいただけたら幸いです。
回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-11-11 22:50:23