こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

韓国との慰安婦や領土問題について

韓国との慰安婦や領土問題について
解決する方法としてはどんなものがあるのか聞いてみたいです。以下は所詮高校生の知識なので、間違っていたらすみません。あまり専門用語を多用しないでもらえるととてもありがたいです。
先程NewsPicksで韓国の新聞が書いた記事のようなものを読みました。知ってはいましたが、韓国がとても日本を敵対しているというのがひしひしと伝わってきました。「日本の過去の罪悪に対する謝罪と賠償を必ずや千百倍で受け取るであろう」など。確かに日本と韓国の間には歴史的齟齬がありますが、ましてや近現代に記述されたものですら覆すことの出来る大雑把な世の中でいくら証拠の文献があったところで慰安婦がいたか否かや竹島がどっちのものか何て決着は付け難いのではないかと思います。(だからといって日本に妥協してほしい訳ではありませんが)。ガルトゥングさんは彼の著書の中で、領土を分割したらいいと言う意見を出していました。非常に自分勝手で申し訳ないですが、韓国と上手く領土を分割できるとは思えず、彼の案にも賛成できません。
結局のところどうしたらいいんでしょうか、放置?

投稿日時 - 2018-11-11 00:54:12

QNo.9556626

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

今のところ、韓国という国が本当の意味で成熟するのを待つしかないかな・・

日本は、三権分立されていて、国民が怒るような事態は現在ではありません

しかし韓国は、司法と行政の対立がずっと続いています

朴槿恵前政権時、政府(行政)が司法にメスをいれ、政府に従わない司法(裁判所)の役人を次々と解雇していました

これは、それまでの政治腐敗の根源が司法にもあるということで、朴槿恵前大統領が公約にしていたことです

結果、司法を敵に回し、もちろん悪いことをしていたのですが、現職にもかかわらず法によって弾劾させられ捕まりました

それまでの大統領は、悪いことはしていましたが、任期を終えてから弾劾されてきましたが、彼女の場合は特別な例です

それだけ、司法を敵に回しすぎたということですが、そのときに辞めさせられた役人が現在、多く戻ってきており、辞める前よりも高い役職につき、力を盛り返して、行政よりも力があるところを見せているのが、今回の微用工問題です

本来、国際的な問題が起きた場合、その政府は公式見解を発表しますが、韓国政府も文在寅大統領も、未だ、微用工判決について、何も言葉を発していません

何かしらの見解を出してしまうと・・、例えば、日本政府に謝罪のような意を発表すれば、司法を敵に回し、朴槿恵前政権の二の舞になりますし、司法の判断を支持するような発言をすればそれこそ、日韓関係の歴史的悪化は目に見えていますので、沈黙を守っています

他の成熟した国家ならば、すぐさま政府なり大統領は会見を開き、公式見解を発表しますが、それすらできない韓国という国は、国として残念ながら成熟していないのです

今のところ日本政府は、公式見解を発表させようとしていますが、それよりも先にネットなどで、韓国を敵視した発言が横行しており、そんなことをしていたら思う壺で、ほらやっぱり日本は反省しないばかりか、韓国の悪口を言いふらしているという言葉だけが抽出され、またロビー活動に使われるでしょう

そのような国と、残念ながら公式に話し合いが成立するはずもなく、放置とまではいきませんが、王様は裸だよと自国で気づいてもらうように働きかけ、まずは待つしかないと思います

投稿日時 - 2018-11-11 05:15:47

お礼

詳しい説明ありがとうございます、とても分かりやすかったです!口出しするというのが、悪い結果に転じてしまう恐れがあるんですね、、

投稿日時 - 2018-11-11 13:08:04

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

竹島問題は急いで解決する必要はないと思います。領土問題が話し合いで解決されることは滅多にないのですが、現状日韓漁業協定は竹島が存在しない前提でそれぞれの国の排他的漁業水域と共同漁業水域を決めているので、経済的に問題になることは無くどちらかと言うと感情論の方が強いと思います。
一方で慰安婦や徴用工(政府は問題の呼び方を変えましたが、とりあえず通商として使います)の問題は感情論だけで収まらず、日韓の歴史認識と戦後処理、個人賠償請求権の問題で、日韓問題だけにとどまらず近い将来の北朝鮮との対話や、すでに解決済みとされている東南アジア、中国、台湾、それに場合によっては日本国内の個人請求の問題に発展する可能性すらあります。外交政治的には日本政府と韓国政府間で韓国の裁判所の判断とは別に問題が解決済みと言う判断を共通で行うべきなんだと思います。政府間の外交問題とは別に、両国の国民感情と根底にある歴史認識の問題があるのですが、両方共簡単には解決しません。歴史認識に関しては過去に日韓の歴史学者で2度ほど共通認識の研究会が行われ、紛糾しそうな近代史を避けて議論したにもかかわらずやはり紛糾して良い結果になりませんでした。ましてや日本統治時代前後の歴史認識で一致することは期待できないと思います。そうすると根本的には国民感情の対立も解決できないのですが、実際にはそう言う問題を横目にも日韓の人の交流はかなりあるので、その目を絶やさずに特に若い人たちを中心に交流が盛んになっていくといずれ今の感情が問題にならないときも来るのかと思います。
竹島に関して再度書くと、日韓双方主張や証拠がある中で、私は韓国側の資料には信憑性があるものは無いと思います。一方で、日本は1905年の島根県への編入以前にも調査・測量などが行われていて専有の証拠はあります。ところが日本は江戸時代、明治時代に竹島が日本の領土でないかのような書面を発行してます。どちらも韓国の領土かも知れない小さな島で揉め事を起こしたくなかった感があります。1905年の編入はあくまでも国内の公布であって国際的に宣言したものではなく韓国に異議の有無を求めるものでもなかったと思います。ただ言えることは当時は今のような海洋法があるわけでもEEZの考え方があるわけでもなく、日本も韓国もそんなに重要死していなかったんじゃないかと思います。領土としてわけるのに反対であれば、島じゃなくEEZの起点にならない岩礁と言うことで合意してしまってはどうでしょう。実際国際法上の解釈に従えば人が生活を営めるような環境ではなく島とは言い難いものです。ただ最初にも書いたように、現在は竹島がないものとして漁業水域が決められているので、その意味では現状と変わらないのですが。

投稿日時 - 2018-11-11 13:55:37

ANo.2

>韓国と上手く領土を分割できるとは思えず
 正しい意見です。慰安婦合意などが実例で、条約や協定・合意などは韓国にとっては一片の紙切れにすぎません。領土交渉を行っても韓国が履行するはずがないのです。

>放置?
 今回の徴用工問題で韓国は国際的な信用を地に落としました。近々に外交や経済で行き詰るはずです。日本に対して「助けろ」「助けてやらせても構わないぞ」と上から目線で命令するかも知れませんが、無視することです。

 ただ、「慰安婦、竹島、徴用工、仏像など、数々の問題を日本が望む形で終了する」と韓国から申し出た時には、他国(中国と北朝鮮は除く)の同席の上で書類を交わし、それを世界に向けて公表することで、韓国側の契約不履行を封じることはあると思います。今のままでは日本が損して終わりになるので、それは避けたいですね。

投稿日時 - 2018-11-11 09:55:22

お礼

詳しい説明ありがとうございます、とても分かりやすかったです!日本がバカを見ないためには、やはり韓国から来てもらうのを待つ他ないんですね、、

投稿日時 - 2018-11-11 13:09:44

あなたにオススメの質問