こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

尾崎亜美さん

杏里さんのオリビアを聴きながらがリリースした頃(1978年)って尾崎亜美さんって知名度って高かったのですか?尾崎亜美さんは1976年にデビューしポスト・ユーミンの最右翼とも呼ばれていましたが、オリビアを聴きながらがリリースした1978年頃って尾崎亜美さんって知名度って高かったのでしょうか?

投稿日時 - 2018-11-10 21:52:21

QNo.9556559

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

1977年のマイ・ピュア・レディが化粧品会社のCMに起用されて歌もヒットしました。私もそれで尾崎さんの事を知ったと思いますし、知名度も上がったと思います。

投稿日時 - 2018-11-11 09:59:29

お礼

有難う御座います。

投稿日時 - 2018-11-17 12:07:51

ANo.1

尾崎亜美のことは「オリビアを聴きながら」の他にも「マイ・ピュア・レディ」や「心にメイクアップ」「春の予感」など、世間的な知名度は兎も角、私は知ってましたよ。

何とも舌ったらずで甘えたような声の印象はありますが、曲は良かったですね。

ユーミンは学生時代から「ひこうき雲」などのアルバムを出し、当時、リアルタイムで聴いていた楽曲の多くは、それまでに体験したことがなかった歌詞、つまり、情景が浮かぶような言葉の旋律が斬新で、あっという間に新進気鋭のシンガーソングライターとして活躍を始めた天才。

一方、尾崎亜美は「オリビアを聴きながら」を含めて、自らが表面に立つのではなく、楽曲の提供者の印象の方が強く、そうした意味では陰の立役者であり、時々、とんでもないインパクトのある曲を引っ提げて登場するからこそ、深く印象に残っています。

曲調は荒れも破綻もなく洗練されていて、私個人としては、けっこう好きでしたね。

知名度としては、どちらかというとコマーシャルソングの作り手的な印象だったのかもしれませんね。

投稿日時 - 2018-11-10 22:48:36

お礼

有難う御座います。

投稿日時 - 2018-11-17 12:08:21

あなたにオススメの質問