こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

簿記3級 現金と現金過不足について

違いが分かりません。
【問題1】
 決算に当たり、現金の手許有高を調べたところ、帳簿残高は ¥ 300,000 であるのに対して、実際有高は ¥ 280,000 であった。この現金過不足額のうち ¥ 8,000 は、従業員個人が負担すべき交通費を店の現金で肩代わりして支払った取引が未記帳であったためであることが判明したが、残りの現金不足額の原因は不明である。
【解答】
従業員立替金 8,000 / 現金 20,000
雑損 12,000

【問題2】
 決算日において、現金過不足(過剰額)¥ 24,000 の原因を改めて調査した結果、通信費 ¥ 5,600 の支払い、および手数料の受取額 ¥ 27,600 の記入漏れが判明した。なお、残りの金額は原因が不明であったので、適切な処理を行う。
【解答】
現金過不足 24,000 / 受取手数料 27,600
通信費 5,600 / 雑益 2,000

現金が残る場合と現金過不足が残る場合があって。
現金を雑益(損)に振り替えたり、過不足を雑益(損)に振り替えたりの
その違いが分かりません。。。

投稿日時 - 2018-11-09 12:14:33

QNo.9556099

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは
どのような形式でこの問題が出されているのかが分からないので想像での回答ですが。。。
問1は、現金過不足を決算時に認識したので、調査の結果を「現金過不足勘定」を介さずにそれぞれ振り替えた。
問2は、すでに現金過不足を認識していて「現金過不足勘定」計上していて、決算にあたり(再)調査の結果をそれぞれ振り替えた。
ということではないでしょうか。
キーは現金過不足を「いつ」認識したか。
だと思います^^

ご参考になれば

投稿日時 - 2018-11-09 12:44:48

お礼

「現金」を調べたか「過不足」を調べたか、ですかね!
よくよく読まないとですね。ありがとうございました!

投稿日時 - 2018-11-09 14:12:41

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

問題1の場合は帳簿残高より実際の金額が少ないから不明分が雑損になり
問題2の場合は過剰額として2000円残ったので不明分が雑益になります

>現金が残る場合と現金過不足が残る場合があって。
現金を雑益(損)に振り替えたり、過不足を雑益(損)に振り替えたりの
その違いが分かりません。。。

残る場合は問題2の場合なので雑益です。
問題1は現金過不足とありますがきちんと仕訳して結果現金が少ない(帳簿残高より)ので雑損となります

投稿日時 - 2018-11-09 13:33:59

お礼

雑益か雑損かは分かるのですが、解答に現金があったり過不足があったりが納得いかなくて。分かりにくい質問文ですみません。

投稿日時 - 2018-11-09 14:13:47

あなたにオススメの質問