こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドイツ語のあなたと彼女について

ドイツ語のSieはドイツ語を母語としている人はどんな感じで区別しているのでしょうか。日本語で○○君と並列して使うサンは女性を意味することがありますが、サンは敬語的に使うこともあります。これと似た感じでしょうか。

投稿日時 - 2018-11-09 05:22:24

QNo.9556009

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

質問の意図が全く伝わっていない――理解されていないようですね。
疑問の出発点が意外なところにあるので、
普通のドイツ語の知識の常識的な発想だけで読んでいる限り
趣旨が理解できないと思います。

とらえかた、観点がおかしいという回答がありますが、
「同一の発音だったら何か重なることがないかと思った」、
という着眼点自体はなかなかユニークで、言葉の謎を解くきっかけになります。
ただ、結論を先に言うと、二人称敬称の Sie(あなた)と重なるのは、
三人称女性単数の sie(彼女)ではなく、
男女の性に関係なく使われる三人称複数形の sie(彼ら、彼女ら)です。
この点については追々解説しますが、
現代のドイツ人がこの二語の重なりを意識して使っているということはまず考えられません。

本題に入る前に、以下のことは確認しておかなければなりません。

日本のドイツ語文法書では、Sie は敬称で「あなた」、
du は親称で「君、お前」と説明されるので、
「~さん」と「~君」を連想するのもよくわかります。
しかし、Sie と du の使い分けは、相手との距離で決まるのであって、
日本語の「さん付け」「君付け」には相当しないのです。
誰と話す時に Sie を使って、誰と話す時に du を使うかは、
慣習、社会常識、あるいは主観によって決まります。
家族内でなら、年の差に関係なくすべて du で呼び合います。
仕事の同僚、同じ学校の学生なども、
年齢の序列に関係なく du を使う習慣があります。
未知の大人同士ならかならず Sie で話しますが、
小さい子供同士なら最初から du です。
しかし、大人が未知の子供に話しかけるときは du が普通で、
逆の場合は、しつけのできている一定年齢以上の子供なら、
未知の大人に対しては Sie で話しかけるものなので、
このあたりは日本語の年齢序列と若干似ています。
社会的な地位のある人の中には、
du で気安く話しかけられるのを好まない人もいます。
最初は Sie で話していても、少し親しくなると、
du で話そうとどちらかが提案することもありますが、
何年たっても Sie を崩さない人もいれば、
最初から気さくに du で話したがる人もいて、千差万別です。
なので、ドイツ語文を日本語に訳す時、
これらの代名詞で表現されている人物同士の会話を、
「あなた」「君」「~さん」「~君」で常に訳せるわけではなく、
ドイツ人もそういう感覚では使っていません。

上のような理由からも、敬称の Sie と 女性単数三人称の sie を、
「~さん」という呼びかけの連想から重ね合わせるのは無理ですが、
冒頭で書いたように、敬称の Sie は、「彼女」の sie が由来ではなく、
複数形の sie が由来なのです。

ドイツ語では、敬称が成立するまでに長い歴史があります。
まず、現在親称としてだけ使われている du は、
元来相手を問わず誰にでも使った二人称で、
聖書の中で神に語りかけるときに Du を用いているのもそのためです。
Sie という敬称は、初期ドイツ語には存在しません。

その後敬称が出てきたわけですが、
最初は「あなた」を意味する親称は Sie ではなく、ir でした。
現在の二人称親称複数形の ihr(君たち)と同じ語です。
「閣下」と呼びかけるときは、Ir Majestät です。
ドイツ語では、話しかけられている人が一人であっても、
それが複数であるかのように扱うことで敬意を示したので、
複数形の代名詞が二人称の敬称になったのです。

この ir の敬意を表す力は、時代とともに弱くなってしまい、
二人称を使わず、名詞で第三者のごとく呼びかける形が出現します。

Der Herr Pfarrer hört ja wohl, daß ich ein Christ bin.
牧師様は、私がキリスト者であることをおそらく聞いておられるでしょう。

上の文の「牧師」を意味する「Der Pfarrer」という語は、
直接牧師に向かって「あなたは」と話しかけるために使われています。
日本語で、「先生に聞きたいことがあります」「お客様はどうされますか」のように、
代名詞ではなく名詞を使って呼びかけるのと似ていますね。
この用法と並んで、現在単純に「彼」「彼女」の意味の代名詞でしかない er や sie も、
敬称として用いられるようになり、高貴な話し方でさえありました。
つまり、男性と話しているときは、「あなたは」の意味で er を使い、

Woher kommt Er? あなたはどこから来たのですか?

のように言ったのです。
こういう用法は、19世紀の文学作品にもまだたくさん残ってはいますが、
敬語的な意味はやはり時代とともに弱まっています。
18世紀の文法家、アーデルングが二人称について書いたものによると、

1.非常に身分が低いものに対する呼称は ihr
2.少しましな身分の者に対する呼称は Er と Sie
3.さらに身分の高いものに対する呼称は「複数形の Sie」
4.それよりさらに高い身分の者に対しては、Dieselben(あなた様)
もしくは、称号の前に Euer を置いた Euer Majestät のような形を使う

となっています。この内の1. 2. 4. が結局消滅して、
3. の Sie だけが二人称敬称として現代ドイツ語に残ったわけです。

日本語の「あなた」は「あちらの方」という意味で、
距離を示すことで身分の違いを表す敬語になったわけですが、
現在われわれが「あなた」という言葉を使うとき、
そのような意味は意識していません。
日常的に頻繁に使う語なら何語でもそうで、ドイツ語でも同じです。

一つだけ疑問が残ると思います。
三人称単数には、男性の er と女性の sie があるのに、
なぜ複数形は女性単数と同じ sie なのか、ということです。
もし、女性優位のような考えでそのようになったのであれば、
二人称敬称の Sie は、究極的には「彼女」の sie にさかのぼれそうですが、
複数形の sie も古い時代には、格や性別によって、
siu/sie/sî/seu/sia/sea など多様な語形があったので、
女性単数形をすべての性の複数形に使った、
というような単純な話ではないようです。

投稿日時 - 2018-11-09 19:14:13

お礼

浅学菲才ゆえに発した素朴な疑問にかくも深いご回答をいただき感激です。学生時代習ったドイツ語の範囲でも、ところどころ日本語に似ていると感じたことがありました。奇妙なことに英語にはあまりそういう感じを持ったことがありません。英語万能の現在ですが、外国語を学ぶ意味というものが単なる便利な道具を手に入れるだけでなく人というものを理解するうえでも大変有用なものなのではないかと思っています。ご回答を、これからも折に触れて繰り返し読ませていただきたいと思っております。

投稿日時 - 2018-11-10 02:09:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

wy1

家族同士、他人でも子供同士、学生仲間、大人ではDuでやろうとお互いに決めているようです。日本語のさんとか君とかの関係ではありません。私のドイツ人の友人でも両方いますね。何十年と付き合っていても、苗字ではなく名前で呼び合う友人でもSieで話す方もいます。

投稿日時 - 2018-11-11 15:54:21

お礼

私の文章が良くなかったのでご迷惑をおかけいたしました。

投稿日時 - 2018-11-11 17:13:36

ANo.3

会話の流れを読むことが大切です。

彼女が~をしている。
Sie macht~
あなたが~をしている
Sie machen~
彼女達が~をしている
Sie machen~

日本人同士でも良いですからドイツ語だけで
会話をしたり 又はドイツ人と話すことが何よりも理解しやすくします。

会話ではSieもsieも そして その複数形も同じです。しかし その後にくる動詞の形でドイツ人は判断しています。

兎に角 会話をなさってくださいね。
声に出して話さない事には身に付きません。
頭の中に二人の人物を作り 会話をする事も中々面白く そして楽しいです。

投稿日時 - 2018-11-09 16:07:55

お礼

今回の疑問は同じ単語を全く別の意味で使っているときの印象がどういうものかを知りたかったのです。

投稿日時 - 2018-11-09 16:38:54

ANo.2

wy1

ごく普通の付き合いならSie、duへ移行する際は”du”で行こうよ互いに決めるのです。肉親、生徒同士、学生仲間、などは最初からduですね。

投稿日時 - 2018-11-09 15:02:38

お礼

私の文章が足りませんでした、同じSieであなたと彼女でどこか違うのでしょうかという質問でした。

投稿日時 - 2018-11-09 15:20:59

ANo.1

Sieはごくごくふつうに「あなた」です。サンというのは呼び名の就職ですから、男子だったらHerrといったり女子ならFreuleinということに当たります。
Sieとサンを比較されても意味がありません。
そもそも、日本語でサンは女性を意味する、なんていうことはないでしょう。
もののけ姫ですか。

Duというなら、おまえ、とかなんとかちゃん、みたいな意識です。

彼女という意味でSieをつかうなら、英語で言うSheです。

とらえかた、観点がおかしいと思います。

投稿日時 - 2018-11-09 09:54:49

お礼

同一の発音だったら何か重なることがないかと思いました。出来れば母語としている方、あるいはそういう方に親しいい方に伺いたいと思いました。

投稿日時 - 2018-11-09 10:33:05

あなたにオススメの質問