こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

スリープ復帰時にWifiが再接続されない

ThinkPad X1 Carbon 6th(20KH) を Windows 10 pro で使用しています。

スリープから復帰した時に、スリープ時点で接続していたWiFiとの接続が切れてしまい、手動で再接続が必要になってしまいます。

以前使っていたX230では、自動的に元のWiFiへ再接続されていました。

検索して調べ、高速スタートアップは無効化、IPv6も無効化してみましたが、解決しませんでした。ドライバのプロパティに電源管理のタブはありませんでした。

ドライバは最新です。Windowsのverは1803でも1809でも同じ状況です。

何か良い解決方法はないでしょうか。

よろしくお願いいたします。


※OKWAVEより補足:「Lenovo:ノートブック(ThinkPad)」についての質問です。

投稿日時 - 2018-10-14 13:50:09

QNo.9547513

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

#4です

>・自動接続は、X230と動作が違い、自分でチェックを入れなくても
> SSIDを選んで接続しようとするとチェックが入ります。勝手に
> チェックされるという段階でおかしいような気もします。

うちのYogaもそうです。Windowsがそういう仕様なのかと思っていました。

X1 Yoga 1stのWi-FiアダプタはIntel AC 8260で、今使っているドライバは20.70.0.5です。しかし、サポートされているスリープはS3なのでモダンスタンバイ(S0)とは環境が違います。

・S0はよく知らないのですが、スリープからの復帰で自動接続させるのではなく、スリープ中もネットワーク接続を維持するようにした方がよくないでしょうか。(Wi-Fiアダプタの電源管理は[電源とスリープ]にありませんか。)
・Intel Management EngineやBIOSは電源管理に関係します。Vantageに最新のものがあれば更新してはどうでしょうか。
・経験上ですが、2.4GHzのときは、チャネルボンディングを使う802.11nはオフにする(帯域幅を20MHzにする)と速度は低下しますが安定性は改善することがあります。
・アクセスポイントでSSIDを隠蔽モードにしているなら、[ワイヤレスのプロパティ]で[ネットワークが名前(SSID)をブロードキャストしていない場合でも接続する]を有効にすることで改善するかもしれません。

投稿日時 - 2018-10-16 00:38:43

お礼

Yogaなのですね、Yogaも魅力的。

windows10は、システム設定が徐々に旧スタイルから新スタイルに移っているので、なかなかやっかいですね。

電源とスリープの中にネットワーク接続の項目がありましたが、バッテリー電源&スリープ時の切断は「なし」になっていました。他の選択肢は「常時」と「Windowsで管理」でした。

その他の項目も問題なさそうです。

ついでに、X230のほうも調べてみたのですが、アダプタは Intel Advanced-N 6205 で、スタンバイはS3、こちらではアダプタのプロパティに電源管理があり、「電力の節約のために.....」はチェックされてました。

アドバイス、ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-10-16 20:27:33

ANo.7

powercfg /a
powercfg /energy
両コマンドの結果としては、特に問題はないようです。
ノートパソコンの場合としては、当然の結果のようです。

無線LANアダプタの省電力モード設定を確認してください。
PCがコンセントに刺さっていない場合、バッテリ使用で動いている時に,
電気を節約するために,WIFIのパフォーマンスが落ちるような設定になっている。

IPアドレスが重複していないか。
住宅密集地でよく起こることがあります。
ドライバのプロパティで、「!」、「?」マークがなければ、上記のことくらいでしようか。

投稿日時 - 2018-10-15 15:29:42

お礼

http://faq.buffalo.jp/app/answers/detail/a_id/15285
を参考にして、確認しようとしたのですが、
電源オプションをみても、無線LANアダプタの省電力モードを設定する場所がありません。

電源管理のタブもないし、どうしようもなさそうです。

お手数掛けました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-10-15 23:24:05

ANo.6

次に下記の操作をしてみてください。
コマンドプロンプトを「管理者として実行」。
powercfg /energy -output %usersprofile%\desktop\energy.html
と入れ、60秒ほど待ちます。
すると、詳細については、
c:\Users\ログインユーザー名\desktop\energy.html
を参照してください。
と出ます。
2.
ブラウザー( Edge)のアドレス部、
https://〰
と入れるところに下記のアドレスを入れます。
c:\Users\ログインユーザー名\desktop\energy.html
すると、ブラウザーが開き、
電源効率の診断レポート
という表題のレポートが表示されると思います。
この中に、
分析結果
エラー

最後に、
このことによって、システムのスリープが妨げられることはありません。
であれば良し。

システムの利用可能性の要求:システムが必要な要求
デバイスまたはドライバによって、システムが自動的にスリープ状態にならないようにする要求が行われました。
であればダメ。
この項目でスリープを拒否していることになります。
このデバイスがスリープをさせないようにしている犯人です。
ありましたか。
補足願います。
これで分からない場合は、また考えます。

投稿日時 - 2018-10-15 11:36:59

補足

こんにちは、いろいろ詳細な手順までありがとうございます。

まず、powercfg /a の結果ですが、以下の通り。
----------------------------------------------------------------
以下のスリープ状態がこのシステムで利用可能です:
スタンバイ (S0 低電力アイドル) ネットワークに接続されています
休止状態
高速スタートアップ
----------------------------------------------------------------

powercfg /energy の結果ですが、
----------------------------------------------------------------
エネルギー効率の問題が見つかりました。
4 個のエラー
7 個の警告
69 個の情報
----------------------------------------------------------------

5個のうち2個はUSBデバイスのもので「システムのスリープが妨げられることはありません。」
1個はUSBハブで「正しく構成されていないデバイスによって、電力消費が増加する可能性があります。」
あと、CPU利用率が高いというようなメッセージ。
もうひとつが「プラットフォーム電源管理機能:PCI Express Active-State Power Management (ASPM) が無効です
このコンピューターのハードウェアとの既知の非互換性のため、PCI Express Active-State Power Management (ASPM) は無効になっています。」

どうも、この最後のがあやしいのでしょうか。

投稿日時 - 2018-10-15 14:05:05

ANo.5

高速スタートアップは、外している、
> ドライバのプロパティに電源管理のタブはありませんでした。
これが今回何か気になります。
電源管理で少し深く調べるしかないかも知れません。

基本的な電源管理の状態チェックをします。
コマンドプロンプトで、「管理者として実行」で、
powercfg /a
を入力してEnterキーを入れる。
すると、
以下のスリープ状態がこのシステムで利用可能です:
スタンバイ (S3)
休止状態
ハイブリッド スリープ
高速スタートアップ

と、当方の場合出ます。
貴殿の場合は。

投稿日時 - 2018-10-15 11:24:13

ANo.4

うちのX1 Yogaはスリープに入るとWi-Fiを切りますが、復帰するとすぐ繋がります。デバイスドライバには電源タブがあって、高速スタートアップとIPv6は両方有効です。

・とりあえずアクセスポイントは一度再起動するのが良いかと。
・自動接続は有効にしていますよね。
・最新のドライバで障害が出ているなら、ドライバをひとつ前のバージョンに戻すのが順当かと思います。
・アクセスポイントが5GHz対応なら、デバイスドライバの詳細設定で2.4GHzを無効にすると再接続が早いかもしれません。

投稿日時 - 2018-10-14 22:29:12

補足

アドバイスありがとうございます。

こちらのアダプタは、Intel Dual Band Wireless-AC 8265です。
ドライバのバージョンは20.70.0.5

・アクセスポイントの再起動しましたが変わらず
・自動接続は、X230と動作が違い、自分でチェックを入れなくても
 SSIDを選んで接続しようとするとチェックが入ります。勝手に
 チェックされるという段階でおかしいような気もします。
・Lenovoのサイトで旧版を見たのですが、ver1703以前向きでしたので
 試してません。
・アクセスポイントは2.4GHzのみです。

・外付けアダプタを試したのですが、一旦はつながったものの
 機器が古すぎるようで、ハングもしたのでやめました。

・Intelのサイトでみたらより新しい版(20.80.0)があったのですが、
「ご使用のシステムには、このソフトウェアパッケージはインストールできません」
となり、インストールできませんでした。

という事なので、打つ手があるとすれば、アクセスポイントを変えるくらい
ですが、X230では問題ないので、次のドライバ更新を待ってみようかと思います。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-10-15 09:41:10

ANo.3

よくあるのが内臓無線ランのドライバです。Windows10の自動更新では、
更新がうまくできないドライバが数多くあります。なのでどのランカードか
使用されているかわかりませんが、一度デバイスマネージャーで
ドライバの確認してみてください。

投稿日時 - 2018-10-14 16:45:50

補足

アドバイスありがとうございます。

Lenovoのサイトで最新のドライバをダウンロードしてupdateしましたが、同じ状況です。
アダプタはIntel Dual Band Wireless-AC 8265 です。

投稿日時 - 2018-10-14 22:55:49

ANo.2

良い方法が思い浮かばないですね。
https://pcsupport.lenovo.com/us/ja/products/laptops-and-netbooks/thinkpad-x-series-laptops/thinkpad-x1-carbon-6th-gen-type-20kh-20kg/downloads
から無線LANのドライバがあれば更新してみるとかでしょうか。

例えばUSB接続の無線LAN子機を買ってきてそちらで試しにスリープ復帰時に再接続されるのか?確かめてみるって方法もあります。
それで再接続されるなら内蔵の無線LAN特有の問題?って事はわかるとは思います。

投稿日時 - 2018-10-14 14:30:34

補足

アドバイスありがとうございます。

Lenovoのサイトで最新のドライバをダウンロードしてupdateしましたが、同じ状況です。
アダプタはIntel Dual Band Wireless-AC 8265 です。

プラネックスのアダプタで使えるのがありましたので、これで試してみます。

投稿日時 - 2018-10-14 22:57:50

ANo.1

しばらく待ってもつながらない場合は、一旦切断してから「自動的に接続」にチェックを入れて接続してみてください。

投稿日時 - 2018-10-14 14:17:20

補足

アドバイスありがとうございます。

現状、その操作をして再接続しています。

投稿日時 - 2018-10-14 22:59:43