こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

赤十字病院の面接(SW)

就職活動中の社会福祉士です。来週ある地域にある赤十字病院の相談員の採用面接を受けることになりました。志望動機を聞かれた時の下書きを考えていたのですが、イマイチ自信がないので、何か良くなる点とかがありましたら是非助言をいただきたいです。 よろしくお願いします。


(志望理由)
私は社会福祉士として、単に介護や生活の支援を行うだけでなく、疾患や障害によって発生した生活上の問題を改善し、当事者が安心して家に戻り、生活を送れるような支援をしたいと考えています。博愛・奉仕・平等の精神を掲げる赤十字の一員でもあり、地域医療の拠点である貴院において様々な当事者、専門職の方々とかかわり、地域全体を支えていけるMSWになりたいと考え、今回の採用に応募いたしました。

投稿日時 - 2018-10-13 18:09:55

QNo.9547238

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ありがちの、あまりよくないパタンの文章ですよ。自信がないというのはおそらく良心がそう言っているので、その感覚を大事にしましょう。

何が悪いかというと視点です。
おおだんびらに地域医療だとか博愛奉仕平等なんてことばを使うとものすごくいんちきくさくなりますし、自分を語っていません。地域全体を支える、ってあなた個人で威張って言うことでしょうか。それ、当たりまえのことでしょう。わざわざ言いますか。そもそも個人が地域医療なんていって何か意味がありますか。

察するところ資格はとっていて、その代り実経験がないんですね。

だったら、人の役に立ちたいと考えてその資格を取りました。自分を磨き活躍できる場として赤十字社にかかわれたらどんなによいかと夢見て応募させていただきました。自分の力の限り努力する所存です。よろしくご検討下さい、というような表現であるべきです。これで貧しいと思うなら、資格を取る前の、人に役立ちたいと思ったきっかけを入れればいいんです。老齢の家族を見取った経験だとか病人がいた経験だとか友が若死にしたとか、そういうエピソードがはめられたら、立派にあなたの等身大の就職したい希望が力みもなく自然に相手にアピールできるのです。

投稿日時 - 2018-10-14 00:17:25

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問