こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ASKAの覚醒剤問題はどう決着したのでしょう?

ASKAの覚せい剤問題は本人・愛人共に結局どうなったのですか?
本人達は否定でしょうが起訴されたのでしょうか?
決着はついたのでしょうか?未だ裁判中・・とか?
証拠固めが出来なく・・実質警察の敗北なのでしょうか?
解説を宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2018-10-04 08:20:26

QNo.9544067

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

1回目は逮捕起訴されたけど、2回目の疑惑では問題なかったと思う。
まぁ再犯率が高いから疑われても仕方ないよね。
1度目の逮捕の前も、「覚せい剤?やってないやってない」とか
記者に嘘ついたあと逮捕だったし。

投稿日時 - 2018-10-04 11:56:32

ANo.2

警察は仕事をしているふりを装うために たまに芸能人をやり玉にあげてきます。注目度は高いですから。そして一度有罪にすれば あとは張り付いて2回目を狙います。
芸能人にとって それがめちゃめちゃうざい。マスコミだけでなく 警察からもしつこくつきまとわれる。
そこで策略を考えた。
みごとにひっかかったのが今回ケースです。してやったりですね。
幻聴 幻覚・・・覚せい剤の禁断症状かと 思わせぶりな110番。
さっそくマスコミにリークして 逮捕。証拠がしっかり出てきたと思ったら ただのお茶。

投稿日時 - 2018-10-04 10:17:22

ANo.1

うーん 感覚的には敗北です

警察署内ではなく、自宅で尿検査したとき、本来は第三者の立ち会いが必要だったのに誰も警察は用意できないまま検査を実施してしまった(普通なら町内会長などに依頼する例だそうです)

その際、昔、薬物に使っていた警察未回収のスポイトを使って尿ではなくお茶を提出した結果、薬物反応がでてしまい誤認逮捕となってしまった


つまり、証拠にもなりえない証拠で再使用を発表してしまった(リーク?)警察の敗北でしょう

投稿日時 - 2018-10-04 09:05:13

あなたにオススメの質問