こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

チンパンジーやボノボが気持ち悪い

あの生々しい体とか

投稿日時 - 2018-07-14 19:53:49

QNo.9518219

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.2

 あまりにも人間に似ていて、なのに裸だ(雌はおっぱいがあって、垂れている)というような姿に、同族嫌悪のような気分なのだろうと思います。

 白人や黒人が道ばたで大声を出していても「しかたない」と思えるのに、中国人や韓国人が大声を出していると腹が立つ・我慢ならない、というのと似ているんだと思います。

 昔、アメリカの研究所に、カンジとパンバニーシャという夫婦のボノボがいて、彼らは英語を理解し、(喉の構造の関係でしゃべれないので)音がでるボードのボタンを押して人間と会話していました。

 手話のできるゴリラが先日亡くなりましたが、ボノボは、ゴリラ以上にとても利口。

 ボノボの彼らは、日本人の子供たちと衛星中継で会話していたこともありますが、そういう、研究員でない外部の人と会うと聞かされたときは、その日になると研究員にシャツを要求して、それを着て会見に臨んだそうです。

 そうんなふうに、服を着たり、ブラジャーをして質問者さんの目に止まれば、きっと気持ち悪いという感じはしなかったでしょうに、と、ちょっと残念です。


 余談ですが、「3日後、山に行く」というような、3という数字の意味、昨日今日明日のような抽象的概念、山などの概念を完全に理解していたそうですし、人間のメガネをいじって遊んでいるとき「前にそれを割ったでしょ。今度割ったら山に連れて行かない」と警告すると研究員にメガネを返したり、人間そっくりだったそうです。

 子供もいたのですが、いまどうしてますかね。生まれて1年もしないうちに、音声ボードが大切なものだと気が付いて、それを踏まないように遠回りして親のところへ行くような子でしたから、すごい天才になっているかも。

 たぶん、カンジとパンバニーシャはお亡くなりになったと思います。

投稿日時 - 2018-07-14 22:34:39

あなたにオススメの質問