こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

音符を入力できないか

一太郎かワードを使った文章の中に、音符などの音楽記号を入れたいのですが、何か方法はありませんか。楽譜作成用のアプリ(Finale)はあるのですが普通の文中に記号を入れたいのです。Finaleのフォントを利用できるのならその方法でもいいです。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-06-15 15:21:42

QNo.9508574

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

一太郎は使っていないので、ワードでの方法です。

Finale で音符を入力するときのフォントをワード上で選択すれば、
単体の記号の多くが入力可能です。
入力できないのは、複数の音符が連桁でつながれた形とか、
スラー、クレッシェンドなどの図形記号です。
もしこれらを入力したい場合は、Finale の上で作成して、
五線を非表示にしてからスクリーンショットを取って張り付けるのが一番簡単です。
(Finale には、画像出力の機能もありますが、
この場合は手間がかかりすぎて現実的ではないでしょう。)

まず直接入力の方法ですが、どのキーを押すとどの記号が出るかを、
Finale の「機能マニュアル」にある「キャラクタセット」の一覧表で確認します。
音符のフォントは何種類かありますが、
この方法で直接入力できるのは、Maestro か Jazz です。
下はMaestro のキャラクタセットのページですが、
Keystroke が打つべきキー(の組み合わせ)、
Character がそれによって入力される記号です。
http://ws.finalemusic.jp/UserManuals/Finale2012Win/Content/Finale/Maestro_Font.htm

ただし、この一覧表のキーによる入力は、
英語(米国)のキーボード用の設定です。
日本語キーボードのままで普通にアルファベットのキーを打っても
入力できる記号はありますが、全部は入力できませんので、
英語キーボードを使えるようにします。

まず、「コントロールパネル」→「地域と言語」→「キーボードと言語」と進み、
「キーボードの変更」を開いて「追加」をクリックします。
英語は、言語の一覧の一番下の方にありますが、
「英語(米国)」を展開し、さらに「キーボード」を展開したら、
「US」にチェックを入れて「OK」、「適用」、「OK」で完了です。
あとは、画面下の言語バーをクリックして「US」を選択すれば、
英語(米国)のキーボードに切り替わります。

切り替えたら、Maestro のフォントを選択します。
たとえば、「W」のキーを押せば全音符が、
「X」のキーを押せば十六分音符が入力できます。
「H」なら符尾が上向きの二分音符、
「Shift」+「H」なら符尾が下向きの二分音符が入力できます。
ト音記号なら「Shift」+「7」で入力できます。
記号によっては、「Alt」+4桁の数字で文字コードを入力しなければなりませんが、
その場合の数字はテンキーで打つ必要があります。

普通の文字と楽譜記号のフォントは、同じポイントにしても大きさがそろわないので、
記号の部分だけを違う大きさに変える必要があり、
また、上下位置も「フォント」の「詳細設定」で調節する必要が出ると思います。
行間の間隔も広がってしまうので、あとから修正が必要です。
こういった面倒を考えると、やはり、すべて Finale 上で書いてから、
スクリーンショットを取った方が楽かもしれません。

Finale で記号を書いて五線を消したい場合は、
「五線ツール」を選択した状態で五線の左上の正方形のハンドルを右クリックしてから、
「五線の属性の編集」を開き、
右側の「表示する項目」の中の「五線」のチェックを外せば、
五線が表示されなくなり、記号のみが残ります。

画面全体のスクリーンショットを取ってワードに挿入してから、
「図・書式」をクリックして「トリミング」(右端に表示される)をしてもよいですが、
Windows のスニッピングツールを使って、
最初から必要な部分のみのスクリーンショットを取る方が楽だと思います。
スタートボタン(Windowsマーク)をクリックし、
「プログラムとファイルの検索」欄に、「Snipping Tool」と入力すると
プログラムが表示されるので、これをクリックして開きます。
Finale の画面の上にこのスニッピングツールのウィンドウが出ている状態にし、
「新規作成」をクリックすると画面全体の色が薄くなります。
コピーしたい範囲を左クリック、ドラッグで選択します。
もし、繰り返し使いたい素材なら、ここで「名前を付けて保存」しておけばよいでしょう。
一回きりの使用なら、「Ctrl」+「C」でコピーできるので、
そのままワードの画面に戻って「Ctrl」+「V」で挿入できます。
画像の大きさを調整したら、その上で右クリックをし、
「文字列の折り返し」を「外周」にするとよいと思います。

直接入力と画像入力の両方の作例を画像で添付しておきます。

投稿日時 - 2018-06-16 00:24:25

お礼

ありがとうございました。お礼が遅くなりすみません。
詳しい解説をしていただき感激しました。知らない言葉があったりして全部理解するのは大変ですが、少しずつ解決していきたいと思います。お世話になりました。

投稿日時 - 2018-06-21 23:20:33

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

Finaleの表示画面をalt+PrintScreenで撮り、paintに貼り付けてほしいところだけを切り取って、ワープロに貼り付ければいいのです。

ワープロ内で作曲的なことをすることはできません。

投稿日時 - 2018-06-15 15:41:54

補足

早速ありがとうございます。普通の文の中に五線を使わずに記号のみをいれたいのです。Finaleで五線を使わずに音符を入れる方法はありますか。

投稿日時 - 2018-06-15 16:30:37

お礼

ありがとうございました。本来の目的と違うことをするのはなかなか面倒ですね。

投稿日時 - 2018-06-21 23:11:25

ANo.1

「おんぷ」で「♪」が変換できますが、それではなく五線譜を出したいという事ですか?






記号変換すれば色々あります。

投稿日時 - 2018-06-15 15:35:15

補足

早速ありがとうございます。できれば各種音符や休符はできますか。

投稿日時 - 2018-06-15 16:24:05

お礼

ありがとうございました。記号でいくつか見つけることができました。

投稿日時 - 2018-06-21 23:09:11

あなたにオススメの質問