こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

生活保護と消滅時効に詳しい方、アドバイスお願いしま

生活保護と消滅時効に詳しい方、アドバイスお願いします。

現在、母が生活保護を受給しています。
本日、母の保護証明を取りに区役所に行ったら5年前の保護費の過払金について説明があり納付してほしいとの説明を受けました。
今年の4月に新しい担当者に代わっていて5年前の担当者から4回代わっています。

5年前ですが私も母と一緒に生活保護を受けており、その時仕事をしながら生活保護を受給していました。
しかし、生活保護を抜けるにはギリギリの給料で保護を抜けないで過払い分を納付書で払うとの誓約書を書きました。

その後、自立のために私のみ引っ越して保護を切り、母のみ生活保護になりました。
その後、納付書で8万円ほど、毎月5000円ずつ納付書で納付していて払い終わりました。

そこからなんの音沙汰もなく本日の説明でした…
さらに20万円ほどの過払金が判明したとのことで驚いています。

疑問なのは、
1. なぜ5年後の今ごろ!?

2. 毎月納付書が送られて来ていたのに、なぜ続かなかったの?

3. ケース記録は残っているが、当時の担当者と上司の方が詳しいはずだが、過去の担当者は移動したり退職したりで基本は現担当で処理するとのことですが、仕方ないのでしょうか?

4. ネットで調べた限りでは消滅時効は5年と見ましたが今回の件には当てはまるのか?
また、当てはまる場合は役所側が請求した日ですか?
言葉で言った場合でも含むのでしょうか?


今日は、保留でお願いしますと帰ってきました。

以上、知恵袋で分かる方いましたら宜しくお願い致します。
他にも、弁護士の無料相談や市民オンブズマンなど考えています。

投稿日時 - 2018-05-17 19:39:31

QNo.9499403

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

仰る通り、消滅時効は5年で間違いありません。役所では消滅時効を経過したものは、「不能欠損」という会計処理を行っていますので、貴方が過払い金を払う必要はありません。4、は役所側が最後に請求した日から5年経過、ということです。

投稿日時 - 2018-05-18 07:56:07

補足

ありがとうございます。
H24年11月~H25年1月の給与に対してH24年12月~H25年2月の保護費の過払金です。
誓約書にサインした日がH25年7月です。
時効はサインの日でしょうか?
保護費で受け取った日が時効の起算日と言う人もいました。

投稿日時 - 2018-05-18 12:11:05

あなたにオススメの質問