こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

ケルト民族の子孫のCWニコルさんは今も健在ですか?

CWニコルさんは、ケルト民族の子孫です。

羊を放牧するローマ軍が英国に上陸して、放牧のため森林をことごとく伐採したと言っています。

オーストラリアで日本軍に父を殺されたCWニコルさんは、恨みをもって日本にやってきたのですが、

あまりの森林の豊かさに感動して、

白神山地に住み着きました。


クイズダービーでおなじみだった学習院の篠沢教授は、ケルト専門家・フランスの研究者です。

ハリーポッターの魔法使いは、ケルト人の間では、民間治療薬(薬草)の伝承者でもありました。

篠沢教授は「ケルトのイメージ」はフランス文明の基層になっている…と述べており、実に興味深い。

http://yaplog.jp/wagaai/archive/15

篠沢教授は、ケルト民族のシンボルが描かれたペンダント、マフラー、ショルダーバッグを身につけ登場!


これらのグッズがどこで売られているかというと、フランス北西部に位置するブルターニュ半島。
実は、フランス人の先祖は全員ケルト民族なのです。

紀元前1世紀、ケルト人が住んでいたブルターニュを、ローマのジュリアス・シーザー(フランス語でJules César)が征服しました。と同時に、人々はケルト語を捨て、ローマ人のラテン語を話すようになりました。それがフランス語の始まり。ブルターニュ地方は、フランス語の発祥の地なのですね。

ケルト人は、ローマ人侵略以前にすでにブルターニュ半島に住んでいたと言われています。

アングロ・サクソン人がヨーロッパの至るところに建国していった5世紀頃、西ローマ帝国を滅亡させ、

更にイギリスの島々に続々と入って行き、ケルト人をウェールズやスコットランドに追い詰めていき、自分たちはロンドンなどの平野部を支配していきました。


行き場を失ったケルト人は、船でブルターニュへ渡り移住してきます。(※ブルターニュの地名の由来は、イギリスのグレート・ブリテンに対する“小ブリテン”なのです)


ローマに征服されて数百年経ち、ケルト人でもラテン語を話すようになった時代でしたが、このブルターニュ地方にはケルト語のままだったのです。




そんな時代背景があった5世紀フランスを舞台にした本作。当時のフランス(※ガリア地方。ギリシャ語では現在でもフランスのことを「ガリア」と呼んでいるそうです。)


フランスに住んでいたケルト人は、今のフランス地域が「ガリア」と呼ばれていたことから、ガリア人と呼ばれるようになった。
しばらくの間平和に暮らしていたはずなのだが、紀元前2世紀以降からローマ帝国がちょっかいを出し始め、紀元前58年のシーザーのガリア遠征により、ついに征服されてしまった。その時のシーザーの記録集は「ガリア戦記」という。

森林破壊の・・・・・・ローマ人が

大挙移住し、帝国支配が続く。
その間、ゲルマン族やフン族などの侵入が幾度となくあったが。
ローマ帝国時代の建築物は、今でも南フランスに多く見られるようです。

投稿日時 - 2018-04-16 21:56:23

QNo.9489294

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

ケルト民族の子孫のCWニコルさんは今も健在ですか?

 「健」罪かどうか走りませんが、下記に亡くなった、とは書いてありません。昭和十年生まれだそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/C%E3%83%BBW%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%AB

投稿日時 - 2018-04-17 06:55:45

あなたにオススメの質問