こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【物理学者のアレッサンドロ・ボルタはカエルの脚に電

【物理学者のアレッサンドロ・ボルタはカエルの脚に電気を流すと反応することに気付いて電気は帯電するものと知った。

そしてカエルの脚の反応からボルタ電池を発明した。

ってありますが、

どうやったら、電気でカエルの脚が反応する!→電気は帯電するんだ!←ここまでは分かる

銅と亜鉛で電気が帯電出来るぞ!

↑なぜ銅と亜鉛の組み合わせをカエルの脚の反応から得たのか話が飛躍し過ぎていて意味が分からないんですが、物理学の世界では、

カエルの脚が反応した!銅と亜鉛で電気が帯電出来るぞ!

ってどう考えたらカエルと電気の帯電と銅と亜鉛が結び付いたのか教えてください。

普通の人なら理解出来る発明秘話なんですか?

投稿日時 - 2017-02-03 16:56:43

QNo.9289328

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

すぐには解っていません。

ボルタ電池よりかなり前からカエルの脚などの筋肉に電気を流すと痙攣する事は知られていたようです。
#その当時は静電気で電気を起こすエレキテルの様な発電機が使われていたそうです。

そしてボルタがボルタ電池を発明する20年近く前にガルバーニと言う人が、くっつけた2種類の金属でカエルの脚を刺すと電気を流さなくても脚が痙攣する事を発見しています。
ただ、この時は「動物の神経には『動物電気』が流れている」という結論でした。
動物電気からボルタ電池に至るまで、20年近くかかっています。

その間に色々な人が色々な考察し、最終的にボルタ電池にたどり着いたと言う事でしょう。

投稿日時 - 2017-02-03 18:40:13

お礼

みなさん回答ありがとうございます

なんだボルタは他人の実験の間違いを証明したのか

投稿日時 - 2017-02-03 22:05:27

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

ちょっと検索してみたけど、ちょっと違うらしい。

電気が帯電するってのは、下じきこすったら分かるのだけど、カエルの足こと動物電流ってのも”そういうものだ”と考えられていたらしい。つまり(死んだ)カエルの足に(異なる金属の)電極を刺したら足がケイレンする→足に電気が溜まっていて(帯電していて)電気が流れる、って考えだったらしい。

で、ボルタは、いやいや電気が流れるのは金属の電極のほうに原因があって、カエルの足はただ電気が流れてるだけなんじゃないか?って思ったらしい。で、金属の層を繰り返すことで電池ができたぞ、って事になったようです。

投稿日時 - 2017-02-03 21:36:03

あなたにオススメの質問