こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

交通事故の示談金について

当方事故に遭った被害者です。
示談金についてどこまで支払ってもらうべきか分からず助言いただきたく書き込みました。

先日交通事故の示談金を相手側の保険会社から提示されました。
しかし、通院費から算出したざっくりとしたものしか記載されておらず、
健常であれば無かった通院費以外の損失については一切触れていませんでした。
下記、事故によって起こった損失です。

・階段の昇り降りが不自由になった
・長時間椅子に座ることが困難になった
・上記によって業務に支障をきたし作業効率が本来の10%程になった(事故後2週間程度)
・上記によって業務に支障をきたし作業効率が本来の30%程になった(事故後1ヶ月程度)
・上記によって業務に支障をきたし作業効率が本来の50%程になった(事故後2ヶ月以降)
・業務に支障をきたした結果本来見込んでいた売上が達成できなかった。

これらは、保険会社に保障してもらえるようなものなのでしょうか。
こういった事故に関する知識が全く無いためご存知のかたご教示のほどお願い致します。

投稿日時 - 2014-09-29 15:38:18

QNo.8772769

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

休業補償に関しては
自賠責基準で言えば一日5,700円です。
自営業者(商工業、農林水産業、自由業)等の場合、
現実に収入が減った場合には休業損害が認められます。
休業損害の基礎収入は
得られたはずの売上額から原価と諸経費を引いて365日で割ったものを
一日あたりの基礎収入とします。
諸経費については
従業員給与、減価償却費、地代家賃、租税公課、保険料のように
休業中も負担が継続される固定費は控除せずに請求が可能です。
売上額は前年の確定申告書の記載額です。
確定申告書等で
収入の立証ができない限り自賠責基準の5,700円しか認めません。

自分で交渉が無理なら
交通事故紛争処理センターに相談してください。
http://www.jcstad.or.jp/

投稿日時 - 2014-09-30 10:56:48

ANo.3

リハビリが足りないのでしょう。

上記のものは補償対象にならないと思われます、

精々医療費は120万円上限まで出ます。

休業補償はされますが、休まずに仕事した分は母称されません、

また充分な急速を取らずに重症化したのも補償されません。

投稿日時 - 2014-09-29 19:09:13

ANo.2

まずは叩き台として送ってきたのでは?
相手はあなたの仕事や事情を知りませんから、まずは医療費に関わることしか提示できないと思います。

仕事に関することや、後遺症に関することなど合わせて慰謝料を請求することができます。
こちらに結構わかりやすく書かれています。
http://www.ko2jiko.com/?gclid=CM6z6s_rhcECFYqTvQodiH0AnA

あまり喧嘩腰になってもしょうがないですし、不信感を持ったまま交渉してもいい結果にはなりません。

示談を受け入れると、以後なんらかの請求などもできなくなるようです。
受ける受けないも含め、じっくり考えた方が良いでしょう。

友人も数ヶ月前に車で追突され、後遺症でまだ苦しんでいます。
病状が安定するまでは示談交渉などもできないので、今後どうなるかですが、
質問者さんも、まずは身体が快復し、円満に解決できると良いですね。

投稿日時 - 2014-09-29 16:08:13

ANo.1

>これらは、保険会社に保障してもらえるようなものなのでしょうか。
証明が出来れば銭貰えまっせ!
まず大事なんは「事故当時の診断書」に何んて書かれてたかですわ!
書かれてる内容如何では「貰える・貰えない」が決まりまっせ!
で、次に「後遺症障害」についての診断書があるかどうかでっせ!
あんさんの場合、時間が経てば経つほど「後遺症が大きくなった」でっから
その様に書かれとる診断書が手に入るか、と随時診断書を保険屋に提出していたか?でっせ!
示談の時に「突然言われても・・・」状態で言ったのなら
あんさんはある意味「保険金詐取」を狙ってると思われても不思議では無いですわ!

投稿日時 - 2014-09-29 16:07:17

あなたにオススメの質問