こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己破産によるカード審査への影響について

現在、37歳正社員で勤めております。(※勤続6年)
23歳の時に、学費と家業の失敗もあり自己破産しております。
今年、結婚をしまして、妻も正社員で勤めており、共働きです。
先日ショッピングセンターで妻がクレジットカードの申し込みをしたのですが、昨日審査が通りませんでしたと通知が来ました。
私と入籍したことが原因で審査が通らなかったのでしょうか?
もしそうであれば、私たち夫婦は一生カードは作れないのでしょうか?

投稿日時 - 2012-04-06 14:30:57

QNo.7405884

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>23歳の時に、学費と家業の失敗もあり自己破産しております。

既に金融事故から10年を過ぎていますね。
ですから、各個人信用情報機関上のブラック情報は消えています。
(自己破産の場合、金融庁の指導でブラック殿堂入り期間は最大10年となっています)
が、事故破産で被害を与えて金融機関及び関連会社での顧客情報には(10年過ぎても)事故情報は残り活用します。

>私と入籍したことが原因で審査が通らなかったのでしょうか?

他にも回答がありますが、嫁さんの金銭的信用と旦那の金銭的信用は別物です。
旦那がブラック歴持ちでも、嫁さんには影響はありません。
単純に、嫁さん自身の原因でこの審査結果になったのです。
嫁の戸籍が変わっても、その住所から旦那の個人情報を(個人信用情報機関に)確認するとします。
(専業主婦がクレジットカードを申し込む場合を除いて、旦那の信条情報を確認する事は非常に希です)
旦那の金銭的取引情報は残っていますが「先に書いた通り、ブラック情報は消去」しています。
旦那のブラックを確認する術は、ありません。
嫁さんは、勤務していますよね。通常、旦那の信用確認はあり得ない事なのです。
推測ですが、結婚後「嫁さんの現住所が変更」になっていませんか?
多くのカード会社では、勤続年数1年以上+居住年数1年以上という条件を持っています。

>私たち夫婦は一生カードは作れないのでしょうか?

質問者さまも嫁さんも、クレジットカードは問題なく持てます。
極端な例ですが、嫁さんが自己破産をしていても旦那は住宅ローンを組む事が出来ますからね。
夫婦と言えども、(連帯)保証人など「借金に無関与ならば赤の他人」です。
質問者さまも、カード持てますよ。
但し、身の丈に合ったカードを申し込む必要がありますが・・・。
例えば、三井住友VISA・Masterプラチナカードを申し込んでも「桜散る」です。^^;
先ずは、一般カードから始めましよう。「石橋をたたいて渡る」のが良いです。

投稿日時 - 2012-04-06 23:32:39

お礼

色々丁寧にありがとうございました。
勉強になりました。

投稿日時 - 2012-04-07 11:47:10

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

今回のお申し込みの際、あなたの情報も記入したでしょうから
少なからずあなたの信用事故歴が影響していると思われます。

一生とは言わないまでも、10~20年単位でご夫婦共にカードが作れない可能性が高いと思います。

まずは今回お作りになる予定だったカードとは別系列のカードを作ってみてください。
特に今回はショッピングセンターで申し込まれたとのことですので、
流通系のクレジットカードかと存じます。

銀行系、流通系ではなく消費者金融系のカードをお試しください。
もしくは銀行系VISAデビットカードを作成し、実績を作ってからVISAクレジットにアップグレードしてもよいかもしれません。

デビットカードは事故歴に関係なく作れますし預金額以内での使用となりますが
クレジットカードと同等の機能がありますのであなたがたのような状態の方は絶対に持っておくべきです。
※スルガ銀行VISAデビットカードがお勧めです。

ただし片っ端から申し込むのは止めて下さい。

あなたがたの申し込みの履歴も残りますので信用情報に悪い印象を残します。

奥様は正社員とのことですが、勤めてからまだ2年以内であれば奥様の与信が原因かもしれません。
勤続3年以降に申し込めば作れるはずですから、あきらめないでチャレンジしてみてください。

投稿日時 - 2012-04-06 15:43:36

ANo.3

>私と入籍したことが原因で審査が通らなかったのでしょうか?
 ・関係ありません
 ・奥様の属性と信用情報のせいだと思われます
>今年、結婚をしまして、妻も正社員で勤めており、共働きです
 ・現住所にはいつから住まわれていますか
  今年からなら、単なる居住年数不足と思われますが(最低でも1年以上は必要)

投稿日時 - 2012-04-06 15:03:00

ANo.2

>23歳の時に、学費と家業の失敗もあり自己破産しております。

自己破産から5年が経過し、信用情報ネットワークからは自己破産のデータは消えているので、自己破産は関係ありません。

問題があるとしたら「信用実績が不足している」だろうと思います。

自己破産やっちゃうと、信用情報ネットワークから「データが全消し」されます。

なので、信用取引をまったく行っていない主婦とかの場合、実績データが皆無で、自己破産でデータが消された人と勘違いされて審査でハネられたり、信用実績が何も無いのを理由に(実績不足を理由に)審査に通らない場合があります。

>もしそうであれば、私たち夫婦は一生カードは作れないのでしょうか?

質問者さんも、奥さんも、審査がゆるい低額の商品購入クレジット(24回分割払いとか)を何度か申し込んで、きちんと返済をしていれば、ある程度の信用実績が溜まるので、クレジットカードの審査に通り易くなります。

やはり「この人は毎月○○万円の利用があって、毎月きちんと返済してます」って言う実績データがあった方が、クレカの審査に通り易いのです。

信用取引の実績が何も無いと、事故経験者だと警戒されて、クレジットカードの審査に通りません。

投稿日時 - 2012-04-06 14:53:49

ANo.1

奥さんの方に問題あったのではないですか?
もしくはあなたが破産した事実をその会社が知ってた可能性があります
申し込み書類にその会社利用してる信用情報機関名が書かれてますのでそちらで情報開示請求すればどのような状態かわかりますよ

投稿日時 - 2012-04-06 14:40:44

あなたにオススメの質問