こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

RC造・鉄骨造等について

賃貸マンションを探してるのですが、構造が色々あってどれが良いのか分かりません。そこで、下記のことをご質問いたします。

RC・鉄骨ALC・軽量鉄骨・重量鉄骨・SRC・その他についてそれぞれご質問いたします。

1、地震には強いか。
2、隣りや上下の部屋の足音や声が漏れやすくないか。
3、火事には強いか。
4、アスベストの危険性はないか。

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2008-09-10 09:58:01

QNo.4317706

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

賃貸マンションを探しています。
貴方の質問の疑問を満たす構造順に
SRC>重量鉄骨>RC>鉄骨ALC>軽量鉄骨の順になります。
アスベストの使用に関しての法律が施行されたのが、阪神大震災後の平成13年です。
平成13年以後に建てられた建物には、アスベストは使われていません。
それ以前の建物については、使われている可能性がありますので安全を確かめる意味で調査が必要となります。
公共建築物の大半は、調査済みの建物が多いようです。
建物の所有者に聞くのが一番簡単です。
答えが曖昧だったり、無かった場合は、まだ調査していない建物と判断できます。
ご参考まで

投稿日時 - 2008-09-10 11:51:35

お礼

ありがとうございます。

非常に分かりやすかったです。
ちなみに木造のランクは最下位でしょうか。

それからアスベストが使われてても生活空間には飛散してないので、心配する必要はないと言う人もいたり様々ですが、どちらが正しいのでしょうか。

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2008-09-10 13:15:12

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

お礼の中の??補足みたいのが付いてますね(苦笑い)
>ちなみに木造のランクは最下位でしょうか?
鉄骨ALC造は、骨組重量鉄骨造が主です。
外壁にあたるALCが、RCと比べ耐火性能がやや劣る程度です。
木造の大断面構造の外壁ALCは、鉄骨ALC造より勝っている部分が多々あります。
あえて順序をつけるなら木造=鉄骨ALCですね。
軽量鉄骨造は、後で手を加えるにも制約があり過ぎて、判定最下位です。

アスベストは、生活空間に飛散していない限り、心配はありません。
問題は、目に見える生活空間に露出して飛散している状態が一番問題なのです。
飛散出来ないように、多い隠れている限りは心配ありません。
ご参考まで

投稿日時 - 2008-09-10 14:46:53

ANo.2

>RC・鉄骨ALC・軽量鉄骨・重量鉄骨・SRC・その他についてそれぞれご質問いたします。

建物の構造ですが非常に簡単に分類すると、RC(鉄筋コンクリート)、鉄骨、木造と3つに分類されます。ご質問の話で考えるとこの3つの分類で十分です。

>1、地震には強いか。
 RCは強いです。
 鉄骨、木造は同等で、RCよりは落ちます。鉄骨の方が多少は強い場合があります。
 とはいえ、各構造にあわせて耐震強度を満たすようにしていますので、事実上は違いはないと考えてもよいです。
ご存知のように木造でも五重塔など過去の大地震などにも耐えてきている建築物があるし、RCでも阪神大震災のときのようにもろくも崩れ去ったマンションがあるなど、適切な設計であるかどうかの方が重要です。

>2、隣りや上下の部屋の足音や声が漏れやすくないか。
 RCは遮音性が高いです。しかし鉄骨や木造は同等で何も対策採りませんと低いです。ただ木造でも2x4は気密性が高く遮音性が高くなります。

>3、火事には強いか。
 RCは強いです。鉄骨と木造では同等といわれていますが、実は木造の方が耐える力が強い傾向にあります。鉄骨は温度が上がると急に軟化して一気に崩れる危険があります。そのため木造の方がどちらかというと強いといえます。実際に木造でも構造によっては耐火の認定が受けられる場合があります。

>4、アスベストの危険性はないか。
過去の話です。築30年以上などのような建築物でなければ無視してかまいません。

投稿日時 - 2008-09-10 11:10:45

ANo.1

1.地震に強いのはSRC造でしょう。RCの強固さと鉄骨のねばりの両方のいい点を兼ね備えているからです。その次はS(重量鉄骨造)で、RCが最ももろいと考えられます。
2.RC・SRCは上下左右の部屋とは強固なコンクリート壁で仕切られていますから、遮音・遮熱・振動防止に最も優れています。これに対してS造は鉄骨自体が変形(振動)しやすいですし、壁はせいぜいALCなどで仕切るだけですから遮音性能、防振性能はかなり低いです。
3.火事に強いかは、構造によるよりも内部の壁・天井などの部分の仕上げ材によるところが大きいでしょう。防火性能の高い(燃えにくい)内装材を使えばどの構造物でも耐火性能は上がります。
4.現在日本ではアスベストの製造・使用は禁止されていますのでどの構造物でもアスベストを使う可能性はありません。
ただ、古い物件ですと特にS造の場合に耐火材としてアスベストが使われている可能性はあります。RCならそのおそれはかなり少ないでしょう。

投稿日時 - 2008-09-10 10:12:39

お礼

ありがとうございます。

地震に対しては鉄骨ALCはRCより劣りますか。だとしたらかなり違いがありますか。それともそんなに差はないですか。

投稿日時 - 2008-09-10 17:37:44

あなたにオススメの質問