こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

交通事故加害者

先日、交通事故の加害者になってしまいました。事故は信号のない交差点にて私の車(レンタカー)が一時停止の標識に気付かず直進し、右側から来た車の側面に衝突してしまいました。

その場では警察を呼んで処理をしました。
相手側とは怪我の程度はそれほど大きくないようでしたが、将来的に症状が出る可能性があるということで人身事故にしたいという相手方の主張をのむこととし、あとは保険会社に任せるということで合意しました。

しかし、後日相手方から連絡があり車の修理費が保険額よりも多くなる可能性があるため、その超過分を払えというものでした。さらに、相手側に、「保険会社に丸投げするような場合、被害者は加害者の罪を重くするよう要求できる」という趣旨のことを言われました。私は正当な方法で処理を進めてきたと思っていましたので大変驚いています。

そこで質問です。
1.相手の保険額からの超過分を私が負担する必要があるのでしょうか。
2.被害者の要求で加害者の罪を重くなるという情報の出どころとどういう場合にそのルールが適用されるのかを教えていただきたいです。

関係ないのかもしれませんが、レンタカー会社から相手側と連絡をとらないほうが良いといわれていたので、事故以来相手から上記の連絡があるまで、謝罪を含めまったく被害者とはコンタクトをとっていません。

どうかご教授くださいますようよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-08-10 22:41:23

QNo.4242461

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

 まず、損害額の請求は保険会社もしくは加害者のどちらか一方にしか出来ません。
ですので、保険会社が支払った保険金に上乗せする事はありません。
しかし、被害者が「保険会社は話しにならない。今後はあなたに請求する」と言い切ったら、保険会社は手も足も出ません。
せいぜい、「では別の手続きを踏まざるを得ませんね」なんてこけおどししか出来ません。

 ただし、この先は適切な対処方法を知っている人間が決して多くないので、
保険会社から妥協案を引きずり出すのがせいぜいでしょう。

 ともかく、こういうケースは被害者がどれだけタフかで対応が変わってきます。
知ってか知らずかは判りませんが、質問者様にこのような揺さぶりをかけてきているのを勘案すると、
おそらく現状の保険会社の補償額では決して満足しないでしょう。

 被害者が質問者様に対し、何らかの実力行為をかけてくるとは思えませんが、
(要するに、何をすれば有利になり、何をすれば不利になるか判っている可能性が強い)
早期の決着を図るのであれば、保険会社に対し、「先日もこのような電話が掛かってきた。非常に疲れるので何とかして欲しい」と
妥協点を探らせるのがいいのかもしれません。

 2.については前出の回答者様の通りです。

投稿日時 - 2008-09-03 16:12:39

ANo.6

被害者の立場からコメントします。

「保険会社に丸投げするような場合、被害者は加害者の罪を重くするよう要求できる」というのは恐喝でも言いがかりでもありません。実際、人身事故の場合、被害者の要望が刑罰に強く影響します。

保険会社に任せてあるというのは、質問者の勝手な言い分です。保険会社と契約しているのはあなたであって、被害者ではありません。あなたの代行者である保険会社が被害者の納得できる補償をしない場合、被害者は当然、加害者へ損害賠償を求める権利を持っています。被害者が保険会社の言いなりになって泣き寝入りしなければならないという法はどこにも存在しません。

保険会社というのは、出費をできるだけ少なくするのが仕事ですから、被害者にとっては非常に理不尽なことを言ってくることがあります。例えば物損ですが、車両の査定額と市場価格(店頭で販売される中古価格)には大きな差があります。保険会社は査定額を基準にそれを超えた修理代は払えないと言っているのではないですか? 

新車価格が140万円であっても2年経つと査定額は60万円程になります。市場での中古販売価格が100万円だったとして、修理代金が80万円だった場合、60万円しか支払えないと言われたら、被害者が怒るのは当たり前でしょう。少し、被害者の立場に立ってものを考えたらどうですか。

あなたと保険会社の間には、金銭的な解決は保険会社が行うという契約が存在しているのでしょうが、加害者にとってはそんなことどうでもいいことなのです。車を壊したあなたにちゃんと直してくれというのは当たり前のことです。あなたがやるべきことは、被害者が納得するような補償をちゃんとするように保険会社に強く申し入れることではないですか? (もちろん、被害者が法外な要求をしているのなら別ですが、あなたの文面からはそうとも受け取れません。)

加害者が保険会社任せで、与えられた損害をちゃんと補償してもらえなかったら、被害者は加害者への報復を考えるのは当然のことです。その場合、厳罰を求めて刑事告訴ということになるでしょう。そして、起訴されれば、最低でも12万円の罰金刑が科せられ、あなたは前科者になります。

ともかく、あなたの不注意で被害者の方に大変な迷惑をかけているのですから、少しは相手の立場に立ってものを考え行動されたらどうですか。ちょっと、きつく言われたぐらいで被害者面をするなどもっての外です。被害者は、痛い思い面倒な思いをし、保険会社には理不尽なことを言われ大変不快で辛い思いをしているのです。

投稿日時 - 2008-08-11 11:15:57

すべて法律で保険屋がなんて言ってたらあなたが不利になるだけだよ。
1、法律では払う必要はない。 民事解決では 払っても良い。
『3万円位見舞金で解決したら得か?損か?』
2. 穏やかではないが 感情的になれば矢も得ません。 
貴方が相手の言葉を録音して警察に相談しても本件の罪が軽くなる事は無いので無意味です。 『ここで平謝りして 温情措置作戦でもよい』

一時停止の標識に気付かず直進の事故での人身事故(相手過失も有り)
一時停止側2点+人身事故(9点)=11点 です。
一時停止側2点+重い時13点 = 15点 です。
相手の診断書に将来的に症状が出る可能性がある場合)
または 初めは1週間の診断書にその後 治療30日以上の通われた診断書を付けられ送検された場合です。
更に悪いのは 『 厳罰を希望する。』 

実際は検察で事情を聞いて処分を決めることになります。


私は何人も経験者を知ってます。
私も経験してます。ですから言いますが

検察官に聞かれる事
示談しましたか? = しました。
示談しましたか? = しません = なぜ?
お見舞いに行きましたか?  = 行きました。  
お見舞いに行きましたか? = 行きません。= なぜ?

保険会社に依頼しました。 接触をしないように言われました。
相手の事を心配しませんか? 
連絡も取らないのはなぜですか?

検察官は 相手の調書を読んで参考にします。

今回の事故は不起訴にはなりにくいケースですが
責任の程度が軽いのを選んで貰えるのが『被害者の示談書』
減点は基礎点のみは早期示談です。

参考=軽傷事故なら4点のところ2点です。 
一時不停止の人身事故は罪が重いをお忘れなく。

私は死亡事故じゃなくて良かったと思うのですがやはり
他人に余計な金は払いたくないよね。 

投稿日時 - 2008-08-11 02:33:15

ANo.4

1.負担してもいいけど保険会社もいい顔しない。
必要があるかどうかといわれれば、必要はない。
おそらく過失割合で低くなる分を負担しろといってるのだと思います。

2.人身事故の場合、被害者の意見は聞くでしょうね。
(厳重なる処罰を望むとか)
しかしそれがそのまま反映されるわけじゃない。
また法律によって、より重い罪が適用できるというようなことじゃない。
そもそも事故処理の際、保険の担当者に示談交渉を行ってもらうのは通常良くあること。
それを(示談交渉を)保険会社に依頼して罪が重くなるような法律は存在するわけがない。

そもそもこういうことを言い出す事故当事者は、自分には過失がまったくないと思っている。
しかし交通事故ではどちらかが一方的に悪いというのはほとんどありません(停車中の車に追突したケースなどを除く)
当然今回のケースでも、相手が停止すれば事故は起こってないわけです。
今回の事故のケースでは、相手2:あなた8の過失割合が基本になるでしょう。
相手にも2割の責任はあるということ。

相手が再び電話してきても、保険屋を通すよう要求してかまいません。
あなたとしては保険屋の指示に従うことです。

投稿日時 - 2008-08-10 23:10:15

NO.1さんのおっしゃる通りです。
完全な恐喝行為ですので、現時点で警察に相談しておきましょう。
今後相手が連絡をとってきた場合は録音し、警察に提出して下さい。

投稿日時 - 2008-08-10 23:03:03

ANo.2

> 1.相手の保険額からの超過分を私が負担する必要があるのでしょうか。

上記には、応じる必要はございません。
どのような車にも、価値がありますけど、
その価値は、時間と共に失われます。
例えば、評価額50万円の車で事故に遭い、
損害額が100万円であっても、法律では50万円以上の損害は認めません。
従って、被害者の要求に応じる必要はありません。
そもそも被害者にも10%くらいの過失が存在しています。


> 2.被害者の要求で加害者の罪を重くなるという情報の出どころとどういう場合にそのルールが適用されるのかを教えていただきたいです。

警察での調書を取ったときに刑事罰を重くするかどうか、
という話ですよね。
単に、被害者が警察に対して刑罰を重くするよう伝えれば、
その要望が通るようです。
といっても、刑事上であっても過失相殺が行われますから、
一方的に重たくされるようなことは考えにくいです。


◎ 相手側との連絡について

相手側との直接的な交渉はしないでください。
保険会社の担当者を通じて交渉を行うようにしてください。
示談交渉が決裂する場合が出てきてしまいますので。
示談交渉が決裂してしまうと、話し合いの余地がないとされ、
民事訴訟での解決となってしまいます。

投稿日時 - 2008-08-10 23:00:43

ANo.1

1.ありません。保険会社は貴方の代理人です。保険会社の担当者が貴方と平行に存在するのではなく、直線です。交渉窓口は保険会社一本です。
2.あるわけないでしょ。その言い分、録音してください。場合によっては脅迫行為です。

 このはなしをこんな所に相談しているだけで、もう相手のペースです。貴方が相談すべきは保険会社です。相手がそういうヘンな人であるならば、「保険会社という代理人をキチンと立てているのですから、別途の交渉には応じない」とはっきり言って良いです。こういう場合相手は「誠意がない」という決まり文句を言いますが動じてはいけません。何を言われようが「保険会社を代理人として誠意を持って対応します」の一点張りで突っぱねましょう。保険会社と交渉しながら本人にも揺さぶりをかけるのは、プロの手口です。貴方に揺さぶりをかけると貴方が保険会社に泣きつく。すると、保険会社が多めに出すというのがパターンです。
 とにかく、慌てることなく保険会社に任せることと、脅しについては証拠をとっておきましょう。その証拠はいざというときということなので、使うことは考えなくても良いです。

投稿日時 - 2008-08-10 22:56:19

あなたにオススメの質問