こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

住宅ローン

住宅ローンについて、
住宅ローンを組む際、オートローン・クレジット等他に借り入れがある場合、それらを完済することが条件となる場合が多いのでしょうか?
もし完済できない場合、減額条件的に不利になるものなのでしょうか?

投稿日時 - 2007-11-07 17:01:53

QNo.3497551

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

No.2のusktです。
ダブルローンの件、ご説明が不足しており、申し訳ありませんでした。

マンションを購入するとき、一般的には住宅ローンを組むわけですが、完済前に買い換えることもあります。
その場合、一般的には、現住マンション売却→ローン完済→新規マンション契約・ローン契約、となるわけです。ところが、これでは新しいマンションの引渡しまでの間に仮住まいが発生したり、現在住んでいるマンションを購入検討者の方に公開しなくてはならなかったりと、不都合が発生します。
これが、十分な収入がある場合には、新規マンション契約・ローン契約→現住マンション売却→旧ローン完済、という手順で、一時的に住宅ローンが二つになってしまうことを、銀行などの金融機関が認めてくれるばあいがあります。

これは、住宅ローンの要件である居住用マンションであること(投機用等でないこと)などの条件の確認のために、それなりに手間もかかるのですが、引っ越してから売却ということで、仮住まいもなく、旧住居もきれいにしてから売却にまわせるので、なかなか好都合なシステムで、最近は時折見受けられる方法になっています。

このようなローンが認められるには、それなりに長期にわたって高い収入を維持していることや、家族構成の急変の可能性が少ないことなどの条件がありますので、もしこういったことをご検討なさる場合には、販売会社の営業担当に間に入ってもらい、十分調整することが必要かと思います。

以上でご理解いただけますでしょうか?

投稿日時 - 2007-11-07 20:38:12

お礼

わざわざご丁寧な回答ありがとうございました。大変分かりやすかったです。

投稿日時 - 2007-11-13 23:34:58

ANo.2

これは、住宅ローンの額と年収の関係によって決まります。
自動車のように、現在ではローンでの購入が普通であるものについては、支払能力が十分にある場合には、特にローンの審査に問題にはなりません。場合によっては、住宅ローンを払っている人に、買い替えを前提に、一時的にダブルローン(前の家の売却前に新居に入居する)を勧める場合もあるくらいです。
しかし、年収に対して借入額の総額が大きくなりすぎるようである場合は、住宅ローンの借入れ可能額が減らされるか、何らかの手段で他のローンを完済することが求められる場合もあります。

大手行の住宅ローンの場合、一般的なサラリーマンには、だいたい年収の6倍程度までは、貸すことを基本にしていますので、これまでにローンやクレジットの延滞がなく、消費者金融からの借入れもない場合には、他の借入れも合わせた総額で、この程度までに収まり、さらに月額の返済総額も額面の20%程度までなら、完済せずにも借りられる可能性が出てくるでしょう。

投稿日時 - 2007-11-07 17:44:36

お礼

丁寧な回答をありがとうございます。

返済比率が収まっていれば問題ないってことですね!?

お手数ですが、「場合によっては、住宅ローンを払っている人に、買い替えを前提に、一時的にダブルローン(前の家の売却前に新居に入居する)を勧める場合もあるくらいです。」
の意味がちょっとわからなかったので、解説していただければ幸いです。

投稿日時 - 2007-11-07 18:22:56

ANo.1

基本はそうなります。
但し、借りようとしている金融機関からの借り入れは完済しなくてもいい場合があります。(但し学資ローンや、クルマ関係など)

完済できない場合は減額されるパターンもありますが、多くの場合は審査で落ちます。

いずれにしてもどんな借り入れも住宅ローンより確実に金利が高いので、頭金として用意している現金を返済に充てるほうが得策です。

投稿日時 - 2007-11-07 17:16:35

あなたにオススメの質問