こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Linuxバーチャルマシンでのスパイウェア、ウィルス対策

WindowsXPのマシンなのですが、バーチャルマシン(VMware player)をインストールし、その上でLinux(Fedoracore5)を動かしています。こういうケースでのスパイウェアやウィルス対策ってどうすればいいのでしょうか。(WebへはWindowsXPを通してつないでいます。)WindowsとLinux、どちらかの対策をすればよいのでしょうか。それとも両方やる必要があるのでしょうか。(両方やる必要があるのなら、ウィルスに強いと言われるLinuxのメリットが減ってしまうような気もしています。)

投稿日時 - 2007-03-11 15:57:29

QNo.2823347

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ヴァーチャルマシン上のLinuxそのものは被害を受けませんが
ヴァーチャルマシンを起動させるWindowsが被害を被っていれば
Windows側からデータはダダ漏れになると考えた方が順当です。
ヴァーチャルマシン(Windowsのソフト)上のデータのである以上
データアクセスが不可能ではないので
盗まれる可能性はあります。
勿論100%盗まれる訳ではないですが
危険性も皆無と言う訳ではありません。
同一のマシン上の出来事ですから。

投稿日時 - 2007-03-11 17:08:22

お礼

再度のお返事、ありがとうございます。
やはりデュアルブートのように別系統というわけではないので、Windows側からのアプローチが可能ということなのですね。納得しました。

投稿日時 - 2007-03-12 14:58:51

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

WINとLinuxに同時に感染するウイルスは少ないと思いますので、その意味では、安全性が高まりますが、ネットバンキングの安全性を高めるためにバーチャルマシンを使用するのはお奨めできません。

PC上で動く、もしくはインストールされているソフトが、増えるにしたがって、セキュリティホールも増えていきます。

ネットバンク用に強固なものをお望みでしたら、基本は専用PC(低スペックでOK)を用意して、ネットバンク以外のWEBページにつながないようにすることです。

専用PCにはOSとセキュりティソフト意外は何も入れません。その上で出来ましたら別回線を用意して使用します。もちろんPC1台でもルーター経由です。使用しないときは電源を切ります。

別回線が用意できない時は、ポート間の通信をカットできるVLANの機能があるルーターを使用して、ポート間通信を遮断し、他のPCと分離します。

こうすれば、ネットバンク用に相当強固な環境ができますので、安心して利用できます、たくさん預金してあっても安心です。

投稿日時 - 2007-03-11 20:30:15

お礼

詳しいお返事ありがとうございます。もともとバーチャルマシンを使って安全性を高めるというのは、無理があるということなのですね。セカンドマシンとなると結構な費用ですし・・・。当面は、多額の預金は避けるという方向で対策していきます。

投稿日時 - 2007-03-12 15:03:28

ANo.2

>ウィルスに強いと言われるLinux

少し違います。
正確に言うと、Windowsがウィルスに脆弱なのです。

投稿日時 - 2007-03-11 16:51:10

ANo.1

バーチャルマシンを使ってWindowsとLinuxを使用する場合には
その両方に対策をする必要があります。
バーチャルマシンと言うのは要するに
1台のPCを2台のマシンとして扱っているのであり
当然2台分のセキュリティ対策が必要になるのです。

蛇足ながら
>ウィルスに強いと言われるLinuxのメリット
は幻想です。
Windowsに対してウィルスが相対的に少ないから
Windowsよりも安全というだけで
言ってしまえば
車が1時間に1台通る道は
1分間に10台車が通る道より
交通事故に遭わないというのと同じです。
(Macも同じ)
Windowsのソフトが単にLinuxで動かないのと同じ意味もあります。
ですが「ウィルスに対して堅牢」と言う意味ではないです。

投稿日時 - 2007-03-11 16:16:10

お礼

お返事ありがとうございます。ちょっと質問の仕方が足りなかったかもしれないので補足させていただきます。以前に、スパイウェアやウィルスは、OSが違うとほぼ攻撃できないと聞いたことがあります。(たとえばmac用のウィルスはWindowsにはほぼ無効、などなど。)だとすると、たとえばWindowsがWindows向けのスパイウェアに感染してしまった場合、バーチャルマシン上のLinuxは被害を受けずにすむのでしょうか。
たとえばネットバンキングをやるのに、バーチャルマシン上のLinuxを使っていれば、仮にWindows向けのスパイウェアに感染してしまっても安全なのか、それともWindowsがやられてしまえばLinuxで情報をやりとりしていても結局は盗まれてしまうのでしょうか。(質問の仕方が足りなくてすみません。)

投稿日時 - 2007-03-11 16:48:52

あなたにオススメの質問